睡眠薬を通販で格安購入
一番人気の睡眠薬ルネスタ

一番人気の
睡眠薬ルネスタ

不眠症の原因・症状

不眠症の
原因・症状

平成28年9月14日に厚生労働省の法改正があり、エチゾラムを含むデパス、エチラームとゾピクロンを含むアモバンが向精神薬とされました。その為、取り寄せが禁止となり、個人輸入では購入出来なくなってしまいました。デパス、エチラーム、アモバンを利用していた方にお勧めお睡眠薬をご紹介します。

睡眠薬

睡眠薬の効果、副作用

睡眠薬の効果、副作用

睡眠薬は睡眠導入剤と呼ばれることもあります。実際に睡眠薬と睡眠導入剤は違うのか?睡眠薬は基本的には「眠らせる力を持つ薬」の事を言い、睡眠導入剤は「特に入眠させる力が強い薬」の事をいいます。どちらとも不眠症には効果はあるという事ですが、医師により、全てを睡眠導入剤と言う先生もいれば、特に寝つきが良い薬を睡眠導入剤と言う先生もいるので、その辺は正確なラインはないようです。

睡眠薬として多くの人が使用してきたアモバンと、抗不安薬としても、睡眠薬としても人気のあったデパスが向精神薬に指定され個人輸入ができなくなりました。

睡眠薬の種類

睡眠薬は大きく分けて2種類に分ける事ができます。主に寝付けないタイプ(入眠困難)の不眠に使われるのが即効性のある睡眠薬を指し、超短時間型、短時間型と呼ばれる睡眠薬です。これらは睡眠導入剤にあたります。2つ目は夜中に起きてしまうタイプ(中途覚醒)の不眠に使われる睡眠薬です。作用時間の長い睡眠薬を指し、中間型、長時間型と呼ばれる睡眠薬です。

作用時間の違いから睡眠薬は次の4つのタイプに分けられます。
・超短時間作用型…3~4時間
・短時間作用型……5~6時間
・中間作用型……7~8時間
・長時間作用型……9~10時間

超短時間型

超短時間型

・マイスリー
・ハルシオン
・アモバン
・ルネスタ

短時間型作用型

・デパス
・リスミー

中間作用型

・サイレース
・ベンザリン

長時間作用型

・ドラール
・ソメリン

睡眠薬の効果

睡眠薬の効果

睡眠薬は効果の範囲、副作用の出方などの度合いが異なります。こちらも3つのタイプに分けられます。簡単にご説明します。

バルビツール酸系

脳に直接作用し、睡眠を促す効果が比較的に強い薬です。脳に直接作用するために、睡眠だけでなく呼吸にも影響が出る場合があります。

ベンゾジアゼピン系

脳内を抑制する神経伝達物質である「GABA」を増強し、自然な眠りを促してくれる効果があります。バルビツール酸系と違い、脳に直接作用するものではないために、呼吸器などの重大な副作用を起こす心配がなくなりました。身体に優しい睡眠薬です。現在、このタイプの睡眠薬が主流となっております。

非ベンゾジアゼピン系

ベンゾジアゼピン系の睡眠薬の副作用を更に軽減させるために開発された睡眠薬です。即効性のある超短時間睡眠薬です。今後はこのタイプの睡眠薬が主流になっていくといわれています。

睡眠薬の副作用

睡眠薬の副作用

睡眠薬の副作用はタイプにより副作用の度合い、出方などは変わってきます。バルビツール酸系の睡眠薬は副作用はとても危険だとされています。前述しましたが、副作用の1つに呼吸が停止してしまうという副作用があります。そして、耐性もあります。耐性とは薬が身体に慣れてしまい、どんどん薬の量を増やさなければ効果が出なくなってしまうという副作用です。

バルビツール酸系

バルビツール酸系の薬は脳に直接、効果があり、また効果が強い分、薬の量が増えるほどに、臓器のダメージも大きく、蓄積されていきます。大量摂取による中毒症状、また昏睡状態に陥り、血圧の低下により肺浮腫や呼吸麻痺により死亡する危険性があると言われています。バルビツール酸系の睡眠薬はこういった危険が多いために現在ではほとんど使用されなくなりました

・呼吸停止
・耐性
・吐き気
・呼吸困難

ベンゾジアゼピン系

ベンゾジアゼピン系

安全性を目的として開発された薬なので副作用も軽度なものが多いです。最も一般的な副作用として、鎮静作用と筋弛緩作用に関するものが多くあります。具体的にはめまい、眠気、だるさなどがあげられます。少数なケースとして吐き気、抑うつなどがあげられます。
・めまい
・眠気
・だるさ
・軽度な頭痛

非ベンゾジアゼピン系

更に安全性を追求され開発された睡眠薬です。安全性の面で言ったらまさに非の打ち所のない睡眠薬といえますが、超短時間型の薬なので早く作用してしまう結果、中途半端な覚醒状態になり健忘の副作用が出てしまう恐れがあります。また副作用として、眠気の翌朝まで持ち越ししてしまい(hung over)と呼ばれ、眠気だけではなく、集中量の低下、ふらつきなどがあります。
・健忘
・眠気の持ち越し
・集中力の低下
・めまい
・ふらつき

お勧めの睡眠薬

お勧めの睡眠薬

睡眠薬は自分の不眠のタイプにより選ぶようにしましょう。先ほども書きましたように、種類により作用時間などは異なります。超短時間作用型、短時間作用型、中間作用型、長時間作用型と分類されるので自分の不眠のタイプに合わせて選ぶようにしましょう。寝付くことができない入眠障害の人は超短時間型・短時間型、途中で起きてしまい、再び眠る事ができない人は中間型・長時間作用型を選ぶようにしましょう。

ルネスタ

ルネスタ

ルネスタは非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬でアモバンを改良した超短時間作用型睡眠薬です。主成分はアモバンと同じゾビクロンです。この成分は睡眠作用が強いのですが、副作用に味覚障害(苦み)というものがあります。しかし、ルネスタの場合は苦味の副作用はかなり改良されているので苦味はかなり抑えられています。服用してから10~15分程度で効果が表れはじめ約1時間ほどで血中濃度が最高値になり、効果が薄まるまでの半減期は5~6時間です。ルネスタは抗不安作用もありデパスの代わりの薬として高い評価を得ています。ルネスタのジェネリックはルネスタ・ジェネリック、ハイプナイトがあります。

ルネスタの詳細はこちら

アモバン

アモバン

非ベンゾジアゼピン系の超短時間作用型の睡眠薬です。特に不眠症を患ってる方で、床に就いても1~2時間以上、眠りにつく事が出来ないとされる、入眠障害の方が主に使用します。服用して大体10~15分で効果が現れ、効果がなくなるまでは大体、3~4時間です。優れた睡眠薬ですが、副作用で味覚障害があり、それはアモバン特有の苦味があります。ルネスタはこの苦味をかなり軽減する事に成功した睡眠薬です。苦味が嫌だという人にはルネスタがお勧めです。

アモバンの詳細はこちら

デパス

デパス

デパスは1984年に日本で製造、発売されてからずっと代表的な抗不安薬として第一選択薬として幅広く使用されてきました。神経症、うつ病、不眠障害にも効果的で、色々な不安障害を中心に、パニック障害、自律神経失調症、更年期障害の人にも処方されます。あらゆる症状に対応する事からデパスは万能薬とも呼ばれ、超短時間型として服用後も15~30分で早く効果を現してくれます。しかし個人輸入ができなくなりました。デパスの代替薬としてルネスタをお勧めします。

デパスの詳細はこちら

睡眠薬の購入は通販がお得で簡単

睡眠薬の購入方法ですが、病院での処方通販での購入と2種類あります。病院での処方は通院をしないといけないというデメリットがあります。診察料もかかり、費用も掛かります。仕事をしている人にとっては通院する時間をなかなか工面する事は難しいものです。しかし、通販での購入となると24時間、いつでも注文できるので、病院での処方と比べるとかなり手間が省けます。しかも、通販ではジェネリック医薬品も購入できるので、費用を更に安くする事ができます。なるべくお金を掛けたくないという人なら通販で購入する事をお勧めします。まとめて購入する事で更なる割引をする事ができるので、経済的に済ませたいのでしたら通販を利用するのが一番いいでしょう。

睡眠薬のご購入方法はこちら

ルネスタ(睡眠薬)