睡眠薬を通販で格安購入

ソナタジェネリックの効果はデパスと似ており即効性に優れています。副作用、依存性、離脱症状がなく安心して服用できます。

平成28年9月14日に厚生労働省の法改正があり、エチゾラムを含むデパス、エチラームとゾピクロンを含むアモバンが向精神薬とされました。その為、取り寄せが禁止となり、個人輸入では購入出来なくなってしまいました。デパス、エチラーム、アモバンを利用していた方にお勧めお睡眠薬をご紹介します。

睡眠薬

ソナタジェネリックの効果

ソナタジェネリックの効果

ソナタジェネリックという睡眠薬は非ベンゾジアゼピン系に分類される薬で、元々抗不安薬として使用されている薬です。ですが、睡眠薬としても非常に効果も高く、今ではデパスやハルシオンの代わりとして使用されている方も多いです。

ソナタジェネリックが人気の理由は効果が高いだけでなく、副作用もかなり少ない事です。デパスやハルシオンといった薬は効果も高いですが、副作用、依存性、離脱症状なども多くみられました。

ですが、ソナタジェネリックは上記の2つの薬と同等の効果を持っているのに副作用や依存性、離脱症状がかなり少ない薬としての特徴を持っています。

デパスやハルシオンの代わりとしてはバスパールネスタという薬も有名で、こちらも副作用がとても少ない薬です。ソナタジェネリックはバスパーよりも即効性が強いため、デパスやハルシオンを使用シていた方も違和感なく扱えるかと思います。

ソナタジェネリックの通販はこちら

主成分のザレプロン

ソナタジェネリックには主成分にザレプロンという成分が使用されています。このザレプロンという成分は入眠障害にとても効果を発揮します。

入眠障害というのは不眠症の中の1つで寝ようとしてもなかなか寝付けない症状です。入眠障害が起こる原因としては寝ようとする時に不安に襲われたりなど興奮状態になってしまう事が多いです。

ですが、ソナタジェネリックを服用することで、主成分であるザレプロンが不安や緊張感といった部分を和らげてくれ、気持ちを落ち着かせて睡眠改善へと導いてくれます。

そのため精神的な原因で入眠障害になってしまっているという方はソナタジェネリックの高い効果には期待できます。また、ソナタジェネリックは超短時間作用型となっているので即効性も強く、服用してから30分程度で効果があらわれてきます。血中濃度は1時間程度で最高値まで達します。

即効性が高い分半減期も少し短めとなっています。3時間~5時間程度となっているので入眠障害のみに効果があると言えるでしょう。ですが、半減期が短いというのは決してデメリットというわけではありません。

半減期が短いため翌日も効果が続いているなんてことはありません。そのためふらつきや眠気もなく、スッキリ起きることができます。軽い入眠障害の方であれば何も問題なく質の高い睡眠を得ることが出来るでしょう。中途覚醒や早朝覚醒、熟眠障害という方は他の睡眠薬を使用したほうが良いかもしれません。

また、ソナタジェネリックは即効性が他の睡眠薬よりも優れている面を持っているので、服用したらすぐに寝るようにしましょう。ソナタジェネリックを服用してから寝る準備をするとなるとソナタジェネリックの最大限の効果のタイミングを逃してしまう可能性があります。

ソナタジェネリックはデパスの代わり

ソナタジェネリックは即効性に優れており、副作用、依存性、離脱症状が少ない薬です。デパスは効果はとても高いですが、副作用、依存性、離脱症状が高く、問題視されたため向精神薬と指定され、現在では通販では購入が不可能となってしまいました。

デパスを愛用していた方も多いでしょう。そのような方達にはソナタジェネリックがおすすめです。ソナタジェネリックはデパスとほとんど同じ効果をもっています。デパスを睡眠薬として、抗不安薬として使用していた方でもソナタジェネリックはどちらに対しての効果もありますので安心して服用できます。

また、デパスと似たような効果を持っていながら副作用も少ないので依存する可能性というのも非常に少ないです。ただし、服用量を守らなかったり、服用期間が長いとなると依存症が発症するリスクというのも高くなります。

デパスの代わりとして他の薬を探している方はソナタジェネリックを1度試してみても良いかもしれません。

デパスの代わりになる薬

ソナタジェネリックの副作用

ソナタジェネリックの副作用

ソナタジェネリックは効果が高く副作用が少ない薬といっても絶対に何も副作用が出ないというわけではありません。個人差があり副作用が出やすい方や出にくい方がいます。そのためソナタジェネリックを服用する際は必ずどのような副作用が起きるのか頭に入れてから服用するようにしましょう。

ソナタジェネリックは副作用の少ない薬ですが稀にでる副作用としては
めまい
吐き気
眠気
胃がむかむかする
立ちくらみ
筋弛緩作用
などです。

中でも筋弛緩作用はデパスやハルシオンと比べるとかなり軽減されています。ほとんど感じないと言っても過言ではありません。また、体質的に合わないと重篤な副作用の精神錯乱というものがあらわれる可能性があります。

精神錯乱というのは正常な思考ができない混乱状態となってしあみ、幻覚やもうぞうを伴う可能性もあります。精神錯乱が起きてしまった場合はすぐにでも病院へ行き医師へ相談が必要となってきます。

ですが、精神錯乱というのは極稀に起こる副作用です。正しい服用方法を守っていなかったりする場合も起こる可能性がありますので注意してください。

ソナタジェネリックの飲み方

ソナタジェネリックの飲み方

ソナタジェネリックは限られた飲み方などは特にありません。寝付けない場合に1錠10mgを服用するだけです。副作用のリスクを減らしたいという方やはじめてソナタジェネリックを服用するという方、高齢者や低体重、肝臓に疾患があるという方の場合は半錠の5mgにしてから服用すると良いです。

ソナタジェネリックは服用してから30分程度で効果があらわれてきますので、ソナタジェネリックの効果が最大限に達した時を逃さないようにこの時必ず寝る準備は済ませておくようにしてください。

ソナタジェネリックは1日10mgまでと決められています。そのため自己判断で服用量を増やすといったことは絶対にしないようにしてください。効果をもっと得たいから、もっと長く寝たいからといって服用量を増やしても得られる効果は変わりません。

逆に副作用をかなり強くしてしまい、脳に作用してしまう危険性がありますので注意してください。最悪の場合、依存性の少ないソナタジェネリックでも依存してしまう事に繋がります。

ソナタジェネリックは服用期間が長かったり、服用量が多いと身体が慣れてしまい耐性がつき、あまり効果を実感できなくなるといった事になる可能性があります。

自分でも判断できるようであれば大丈夫ですが、難しいようなら医師へ相談し、管理してもらうようにしましょう。最悪の場合、ソナタジェネリックに依存してしまっているという状況になるかもしれません。

ソナタジェネリックは依存性の少ない薬として有名ですが、絶対に依存性がないというわけでもありません。毎日服用したり、増薬したりしていると依存してしまうリスクというのも高くなりますので注意しましょう。

ソナタジェネリックの通販はこちら

ソナタジェネリックが服用禁止の方

ソナタジェネリックの成分にアレルギーを持っている方は服用が禁止されています。またその他にも服用を禁止されている方がいますので、ソナタジェネリックの服用を考えている方は1度目を通しておくようにしましょう。

肝臓に疾患がある方
妊娠中、または妊娠している可能性のある方
授乳中の方
無呼吸症の方
重症筋無力症の方
重度の呼吸疾患がある方
胸部に重度の障害を持っている方

これらの方は必ずソナタジェネリックを服用はしないようにしてください。妊娠中、妊娠している可能性のある方、授乳中の方がソナタジェネリックを服用してしまった場合は胎児にも影響を及ぼす可能性がありますので十分に注意してください。

また、ソナタジェネリックを服用していながら妊娠が発覚してしまった場合は必ず病院へ足を運び、ソナタジェネリックを服用していたことを医師へ伝えるようにしましょう。

ソナタジェネリックの併用禁忌薬

ソナタジェネリックの併用禁忌薬

ソナタジェネリックは副作用の少ない薬といっても併用禁忌薬があります。併用禁忌薬とはソナタジェネリックと一緒に服用するのは禁止とされている薬です。

ソナタジェネリックの併用禁忌薬としては
他の睡眠薬
他の抗不安薬
抗うつ剤
ナトリウム・オキシベート
抗けいれん剤
抗ヒスタミン剤
筋弛緩作用薬
アゾール系抗真菌薬
精神薬
麻薬性鎮痛薬
などです。

これらの薬と併用してしまうと強い副作用を招いてしまう危険性がありますので絶対に併用しないようにしてください。

ソナタジェネリックとアルコール

睡眠薬とお酒というのはとても似ている働きがあります。実際にアルコールを多く摂取してしまって気づいたら寝ていたという方も多いでしょう。睡眠薬もこれと同じです。

そのためソナタジェネリックとアルコールを併用してしまうと効果が強くなりすぎてしまう危険性があります。不眠症だからといってアルコールに頼るのはあまり良い傾向ではありません。

アルコールは寝付きは良くなりますが、浅い眠りとなって不眠症自体を改善することはありません。また、ソナタジェネリックとアルコールを併用していると依存しやすい状態になることも分かっています。

同時に摂取しなくとも、アルコールが体内に残っている状態であれば同じ状況となりますので、ソナタジェネリックを服用する日はアルコールの摂取は控え、アルコールを摂取した日はソナタジェネリックの服用を控えるようにしましょう。

ソナタジェネリックは通販で購入

ソナタジェネリックは通販で購入

ソナタジェネリックというのは病院やクリニックで処方される事はありません。購入するには通販を利用しなければならないのです。通販といってもamazonや楽天などといった大手通販サイトではなく、個人輸入代行の行っている通販サイトの事です。

個人輸入代行の通販サイトといっても購入方法としては何も難しい事はありません。amazonや楽天などネット通販を1度経験した事がある方なら誰でも簡単に購入することが出来ます。

また、はじめての通販サイトは怖いと不安を抱く方もいるでしょう。そのような方に対してのおすすめの通販サイトも紹介しますので1度目を通してみてください。

ソナタジェネリック購入はどこがおすすめ?

ソナタジェネリックを購入するのには個人輸入代行の通販サイトではないと購入できないと説明しましたが、今では多くの通販サイトがあります。お薬なび、オオサカ堂、くすりエクスプレスなどが有名な通販サイトと言えるでしょう。

どの通販サイトも安全と言えますが、一番のおすすめはお薬なびです。お薬なびがなぜ一番おすすめかというと、サポートが充実しているからです。メールでの問い合わせというのはどこの通販サイトでも行っていますが、電話での問い合わせがお薬なびにはあります。

電話で問い合わせる以外にも注文をすることが出来るので、ネット通販がはじめてという方でも簡単にソナタジェネリックを購入することができます。長く運営されている通販サイトなので、もちろん販売されている薬全てが正規品です。絶対に偽物が届くなんてことはありませんので安心です。

ソナタジェネリックの通販はこちら

ソナタジェネリックの薬価

ソナタジェネリックはデパスやハルシオンと比べるとかなり安く購入できます。先程おすすめの通販サイトとして挙げたお薬なびの場合は1箱100錠入りで4,050円です。1錠単価にすると約40円程度ですね。

ですが、1錠10mgなので5mgで十分という方はピルカッターで半錠にすれば1錠20円程度になります。ソナタジェネリックは1日10mgが限度です。

そのため、多くても1日40円の出費となるだけです。毎日服用するという方も少なく、100錠も入っていれば1年は持つのではないでしょうか。これほど安いのもソナタジェネリックの人気の1つと言えるでしょう。

ルネスタ(睡眠薬)