睡眠薬を通販で格安購入

デパスは抗不安薬ですが睡眠薬としても効果があり、万能薬と言われています。個人輸入が禁止になったので、代わりの薬をご紹介します。

平成28年9月14日に厚生労働省の法改正があり、エチゾラムを含むデパス、エチラームとゾピクロンを含むアモバンが向精神薬とされました。その為、取り寄せが禁止となり、個人輸入では購入出来なくなってしまいました。デパス、エチラーム、アモバンを利用していた方にお勧めお睡眠薬をご紹介します。

デパスの代わりになる薬

デパスの代わりになる薬

デパスを睡眠薬として使用していた方もかなり多いことでしょう。現在では向精神薬と分類されたため、デパスは通販で購入することはできなくなっています。病院で処方される機会はあれど、ほとんど無理といっても過言ではないでしょう。

デパスは依存性、離脱症状どちらも高く、向精神薬となり入手困難な今デパスの代わりになる薬を探している方も多くはありません。そのような方のためにデパスの代わりとなる睡眠薬をご紹介します。

ルネスタ

ルネスタ

ルネスタは超短時間作用型の睡眠薬となっており、デパスの代わりに飲む睡眠薬としてとてもおすすめできます。有効成分にはエスゾピクロンという成分が含まれており、服用してから15分~30分程度で効果があらわれてくるので入眠障害にはとても効果を発揮してくれます。

ルネスタはデパスと同時期に向精神薬となったアモバンととても似ている印象です。簡単に言えばアモバンの改良版がルネスタという感じです。アモバンよりも依存性は少なく副作用も少ないため安心して服用ができます。また、アモバン特有の苦味もかなり抑えてくれているのであの苦味が苦手だったという方でも大丈夫です。

なぜデパスの代わりにルネスタを紹介するのかというとデパスの特徴である即効性をルネスタも持っているからです。デパスは服用してから30分~1時間程度で効果を実感し、半減期は6時間程度となってきます。

ルネスタは先程も記載しましたが、服用してから15分~30分程度で効果を実感し、半減期は2時間~4時間程度となっています。

こう見るとデパスとルネスタは非常に似ている事が分かります。睡眠薬としてデパスを使用していた方なら似たように睡眠改善が出来るルネスタの使用はとても向いているのかと思います。

ルネスタの詳細はこちら

ハイプナイト(ルネスタジェネリック)

ハイプナイト(ルネスタジェネリック)

ハイプナイトというのはルネスタのジェネリックとなっています。ルネスタのジェネリックということは成分は同じエスゾピクロンなため、効果、副作用、服用方法など全てルネスタと同じです。

先程もルネスタはデパスの代わりの睡眠薬としてぴったりと紹介しました。ですがハイプナイトならルネスタよりもかなり安く購入することが出来ます。デパスと比べるとかなりの値段の差があります。それでも効果はルネスタと同じなので安心して服用が可能です。

ハイプナイトは現在病院などでは処方されず通販のみでしか購入することが出来ません。そのため購入を考えている方は通販を利用するようにしましょう。デパスの代わりとして1度試してみるのも良いでしょう。

ソナタジェネリック

ソナタジェネリック

ソナタジェネリックは睡眠薬の他にも抗不安薬として使用される事がある薬です。超短時間作用型で非ベンゾジアゼピン系に分類されており、成分にザレプロンを使用しています。ソナタジェネリックもデパスの代わりとして使用されている方が多く、デパスの他にもエチラームの代わりとして使っている方もいます。

ソナタジェネリックは即効性に優れており、服用してから約30分程度で効果が効き始め、半減期は3時間~5時間程度となっています。

デパスと比べても同じような即効性を持っており、半減期もそこまで変わりはありません。また、抗不安薬として使用している方も多く、デパスを睡眠薬以外で使用していた方でもソナタジェネリックなら代用出来ると言えるでしょう。

1錠あたり約40円程度で販売されているのでかなりお得です。自分が入眠障害と分かっている方にはとてもおすすめできる薬と言えます。

ソナタジェネリックの詳細はこちら

バスパー

バスパー

バスパーは睡眠薬ではなく抗不安薬となっています。ですが、睡眠薬として使っている方も多く、デパスの代わりとして効果を発揮してくれます。パスパーの最大の特徴は依存性や副作用がかなり少ないという点です。実際にデパスからバスパーに乗り換えるという方はとても多いです。ブスピロンという成分が含まれており、非ベンゾジアゼピン系の薬となります。

また、バスパーは処方される機会がとても多いほど信用性が高く、全ての薬を含またランキングの中では40位に入るほど人気な薬となっています。

デパスやルネスタはとても即効性が高いですが、2つの薬に比べるとバスパーは少し即効性にかける部分があります。ですが、その分かなり安全な薬となっています。

不眠症の改善以外にも不安、うつ病といった症状を和らげてくれるので、デパスを睡眠薬以外の用途で使用していた方でも安心してバスパーは服用出来るかと思います。

バスパーの詳細はこちら

バスピン(バスパージェネリック)

バスピン(バスパージェネリック)

バスピンはバスパーのジェネリックとなっています。そのため成分にブスピロンを含んでおり効果、副作用、服用方法など全てバスパーと同じになります。そのためデパスの代わりとしてバスパーを、バスパーをもっと安く欲しいということでバスピンを使用している方が多くいます。

バスピンはバスパーよりも全然安いです。デパスと比べたらかなり安いと分かるでしょう。また効果副作用もバスパーと全く変わらないので安全な薬と言えます。

ですがバスパーと同じように即効性に欠ける部分があります。もちろん不眠症の改善以外にも効果があり、不安、うつ病といった症状を和らげてくれます。デパスの代わりとしてバスパーを購入するのであれば、もっと安いバスピンを購入したほうが何倍もお得です。

デパスは通販で買えない

デパスは病院などで処方してもらう他に通販で購入することが出来ました。デパスのジェネリックであるエチラームも通販なら購入することができ、非常に利用者が多かった薬です。ですが、現在では通販で購入することは不可能です。病院などでは処方はしてもらえるものの、処方してもらったとしても制限がかかってしまい30日分しか処方されません。またデパスには非常に強い依存性があるため処方を渋る病院も少なくはないでしょう。

デパスが購入禁止の理由

デパスは現在購入禁止と先ほど記述しました。それはなぜなのでしょうか。理由は向精神薬と指定されたためです。向精神薬とは「精神に作用する薬」という意味です。どういうことかというと向精神薬と指定された薬を服用することで脳に作用し、精神に影響を与える薬です。

麻薬や覚醒剤といった薬を思い浮かべてもらうと分かりやすいかもしれません。依存性や離脱症状が強く、精神に作用する薬とわかります。向精神薬と指定された薬も麻薬や覚醒剤よりも害はないにしろ、依存性や離脱症状は数ある薬の中でも高く、精神に作用してしまうという部分に違いはありません。

デパスは非常に依存性や離脱症状が強く、以前から問題視されてきました。そこで平成28年9月14日に厚生労働省の法改正があり、デパスは向精神薬となってしまったのです。もちろんデパスのジェネリックであるエチラームもどうように向精神薬と指定され、通販で購入することは不可能となっています。

日頃からデパスに助けられていたという方も少なくありません。現在通販では購入不可能となっているためデパスの変わりになる薬を購入することをおすすめします。ルネスタやソナタジェネリックならデパスと似たような効果を得ることが出来るのでおすすめです。

デパスの効果、副作用

デパスとは精神安定剤とも呼ばれる抗不安薬の薬です。主成分はエチゾラムで神経の興奮、不安を鎮める効果があります。何よりデパスは知名度があり、幅広い症状に対応する万能薬とも呼ばれています。1984年に日本で発売されてからずっと抗不安薬の代表的な薬として第一線で活躍してきました。しかし28年10月から法の規制により個人輸入が禁止となりました。

デパスの効果

デパスの効果

デパスは万能薬として、様々な症状に効果を示します。精神疾患以外にも、
・慢性的な腰痛
・首や肩などの頑固なこりの解消
・不眠症の改善「入眠障害」
・けいれんを抑える
・胃の不快感時
・不安・緊張を和らげる
などに用いられます。そして、デパスは即効性があり服用して30分~1時間で効果を得る事ができます。そして半減期も短く、3時間程度で効果は抜けていきます。即効性があり、半減期も短い事から頓服薬としても使用され、大事な会議のスピーチ前の緊張をほぐすために、医療現場では手術前の患者の不安、緊張をなくさせるために使用されたりします。これらを見ても分かるように心身を落ち着かせるのに非常に重宝する薬です。

不眠症にも効果があり、特に入眠障害に効果があり寝付きを良くします。2~3時間で効果は切れるので翌日に眠気、だるさなどを持ち越す事もないので睡眠薬としても使用する人も多くいます。

デパスの副作用

デパスの副作用

安全性の高い薬として有名ですが、筋弛緩作用があるので使用中は眠気、ふらつきなどが起こる場合があります。服用した場合は車の運転などの危険を伴う作業は控えるようにしましょう。基本は副作用の少ない安全な薬です。

副作用として取り上げられるのが依存性です。この依存性については抗不安薬には問題とされている事です。特にデパスに関しては依存性が高く、大量に服薬を続けてると耐性形成、依存形成が生じる場合があります。耐性とは身体が薬に慣れてきて徐々に薬の効きが悪くなってくる状態の事をいいます。そして依存性は、その薬を手放せなくなり、その薬を飲まないと生活できない、となる状態です。

その他、報告されている副作用は以下となります。
・ふらつき
・眠気
・依存

デパスの半減期

デパスの半減期

一般的にデパスの最高血中濃度まで到達する時間が2~3時間ほどです。半減期が5~6時間程度と言われています。即効性があり、効果も早めになくなります。ただし、この半減期には個人差はありますので、あくまでも目安としてみて下さい。

デパスの依存性

デパスはベンゾジアゼピン系に分類されており、このベンゾジアゼピン系は全て依存性があると報告されています。ベンゾジアゼピン系ではデパスとハルシオンの依存性は非常に高いとされ今では向精神薬に指定されています。

依存というのはデパスがないと落ち着きがなくなってしまい、常にデパスを求めてしまう状態の事です。そのような状態の時にデパスを服用すれば気持ちは落ち着きますが、時間が経つ事でまた求めだしてしまい、結局デパスから離れる事はできなくなってしまいます。

ベンゾジアゼピン系の依存のしやすい条件として
効果が強い
半減期が短い
服用期間が長い
服用量が多い
とあります。

効果が強く実感できいると毎回その薬に頼り切ってしまい依存がしやすくなってしまいます。そこに加えて半減期が短いとなると必然的に服用量が増えてきて身体がデパスにどんどん慣れてくるため依存しやすくなってしまうのです。

デパスはこの条件に合っており、効果も強く半減期も短いのが特徴です。そのためデパスは非常に依存性が強い薬とわかります。

デパスの離脱症状

デパスはベンゾジアゼピン系の薬に分類されており、依存性と共に離脱症状も強いとされています。離脱症状というのはデパスを依存している中で無理に服用量を減らしたり、デパスの服用を中断したりしてしまうとあらわれてしまいます。

主に発症する症状としては
イライラ
頭痛
震え
緊張
吐き気
発汗
などです。

離脱症状は服用量を減らす事で必ず起きるものではありません。正しい薬の減らし方をすることで何事もなく安全にデパスから離れる事は可能です。ですが、デパスに依存しきっている状態で無理に薬の量を減らしてしまうと脳がパニックを起こし、身体に様々な不具合を生じさせてしまいます。

デパスに依存しているということは身体がデパスが入ってくる前提で様々な働きを調整しています。そのためデパスが急に無くなると脳がパニックを起こしてしまうのです。

離脱症状の対処法

デパスに依存してしまったら離脱症状を我慢して依存性を治すしかないのかと言われたらそうでもありません。少しずつでもデパスを服用する量を少なくすることで離脱症状は最小限に抑えることができます。

人間の身体というのは徐々に適応していく能力はもっていますのでどれだけ長い時間がかかろうとも少なくなった薬の量に慣れてきます。

だからといって必ず離脱症状が出ないということではありません。少しずつ量を減らしていっても離脱症状がすぐに無くなる方やずっと続く方と個人差があります。離脱症状のピークとしては平均にしたら1週間程度と言われていますが、3ヶ月以上も続く方もいますので無理して我慢しないことが大切です。

離脱症状が全然治まらないというのであれば、薬の減らす量を細かくするなど調整して挑みましょう。

デパスとお酒(アルコール)

デパスとアルコールを併用する事は基本的にはしないようにしましょう。アルコールと併用する事で効果が強く出る恐れがあります。またアルコールも中枢神経の働きを抑制させる働きがあるので、デパスとアルコールを摂取する事で作用が増強し眠気、注意力の低下、判断力の低下が強くなる場合があります。またアルコールもデパスも依存性の高いものなので、なるべく併用しないようにしましょう。

エチラーム(デパスのジェネリック)

エチラーム(デパスのジェネリック)

エチラームはデパスのジェネリックです。効果、効能はほぼデパスと変りませんが、効果の強さに関してはエチラームの方が強いといわれています。そして、安全性の面でもデパスよりも安全性が高く、依存性の面においても低く安心して服用できる精神安定剤です。効果・効能はほぼ同じですが唯一の違いは錠剤の色です。デパスは錠剤は白色に対して、エチラームは青色となります。肩こりから不眠症まで幅広く対応するエチラームですが、デパスと同様に個人輸入が禁止となった薬です。