睡眠薬を通販で格安購入

ハイプナイトはルネスタのジェネリックで、入眠障害に効果を発揮します。とても安いですが通販のみの購入となっています。

睡眠薬

ハイプナイトとは

ハイプナイトとは

ハイプナイトとはルネスタのジェネリックとなります。ルネスタのジェネリックとなるため、成分は同じエスゾピクロンが含まれています。ルネスタを服用していた方ならハイプナイトは安心して服用することのできる薬です。

ハイプナイトとルネスタの違いとしては一切ありません。効果、副作用、飲み方など全て同じです。ですが、1点だけ違う点があります。それは値段です。値段はハイプナイトの方が安く販売されています。

新薬と同じ成分、効果で新薬よりも安いというのがジェネリックの強みと言えるでしょう。ハイプナイトもルネスタと比べると1錠単価で比べると10円程度安くなります。10円ぽっちかと思うかもしれないですが、これが100錠、1000錠となると大きな差が出てきます。

また、ハイプナイトは通販のみの販売となりますので、病院で処方される事はありません。ハイプナイトを欲しいとお考えの方は通販を利用して購入するようにしましょう。

ハイプナイトの通販はこちら

ハイプナイトは通販しか購入できない

「ハイプナイトなんて薬聞いたこと無い」という方も多いでしょう。それもそのはず、ハイプナイトは先程も説明した通り、通販のみの販売となります。日本国内では未承認のため、通販を通じて購入するしか入手方法はないのです。

ハイプナイトはルネスタのジェネリックとなっているため、ルネスタと同じエスゾピクロンという成分を含んでおり、効果や副作用は全てルネスタと同じです。簡単に言えばルネスタと同じ効果を格安で得られるといった薬になっています。

入眠障害にとても効果的とされているルネスタをほしいけど病院へ行くのが面倒、診察代もあるから高いと感じている方は通販でルネスタと一切同じハイプナイトを購入するのがおすすめです。

また、ハイプナイト以外にもルネスタのジェネリックは購入することが出来ます。フルナイトと呼ばれるもう1つのルネスタのジェネリックがあります。こちらもルネスタと同じ効果となっており、ルネスタと比べるとかなり安く購入することが出来るのでおすすめです。

通販は危険?

通販というのは簡単に薬を購入することが出来て大変便利な反面、注意しなければ恐ろしい事態に巻き込まれる可能性が高いのです。どのような事態かというと、注文した薬が届いたけど偽物だった、商品が一向に届かない、個人情報を抜かれたなどです。

通常、有名な通販サイトを利用しているだけならこのような事態に巻き込まれることはありません。ですが、ハイプナイトを販売している通販というのはamazonや楽天といった大きな通販サイトではないのです。

個人輸入代行の通販でなければ販売されていません。そのため、ハイプナイトを購入するにはamazonや楽天といった通販ではなく、個人輸入代行の通販を利用するようにしましょう。

見たことも聞いたこともない通販は怖い。と感じる方も多いでしょう。実際に個人輸入代行の通販を利用して先程説明したような事態がニュースになったことも多々あります。

このような事態に巻き込まれないためにも購入しようとしている通販サイトが安全なのかしっかりと見極めなければなりません。それほど難しい事ではないので、通販を利用するという方はしっかり頭に入れておきましょう。

悪徳通販の注意点

悪徳通販サイトを見極める点というのは以下のものになります。

・日本語が不自由
・問い合わせ欄がない
・クレジットカード決済がない
・他の通販に比べて明らかに薬が安い

上記の4つを注意して個人輸入代行の通販を利用するようにしましょう。1つずつ説明していきます。

日本語が不自由というのはとても危険性が高いです。過去に睡眠薬ではないですが、通販サイトで薬を購入して偽物が届いたという事がありました。これは調べてみると中国で生産された偽物で、その通販もかなり日本語が怪しくなっており、中国人が運営されていたものでした。そのため、明らかに日本人が運営していないということが分かる通販サイトには手を出してはいけません。その通販サイトが自分にとって都合が良いとしていても、何かおかしいと感じたらその通販で購入は控えるようにしましょう。

問い合わせ欄がない通販サイトというのも危険です。なぜ危険なのか簡単に説明すると問い合わせというのは購入者にとって唯一そのサイトの運営者と連絡が取れるツールです。そのため、問い合わせ欄がないと購入者は商品を注文し、偽物が届いたり、一切届かなかったりした場合は運営者と連絡が取れないため、泣き寝入りするしか無いのです。通販サイトで購入する場合はまず問い合わせがしっかりあるのか確認してから注文するようにしましょう。

クレジットカード決済がないというのはクレジットカード会社からの信用がないという通販サイトです。一般的な通販サイトでもクレジットカード決済がない通販サイトというのはありますが、個人輸入代行の通販サイトの場合は少し危険性がありますので、手を出さないようにしましょう。個人輸入代行の通販サイトでもクレジットカード決済があるサイトは多く存在しますので、必ずそのような通販サイトから購入するようにしてください。

他の通販サイトとくらべて薬が明らかに安いという通販サイトも必ず控えるようにしましょう。このような通販サイトは最悪の場合、個人情報を抜き取られる事となります。例えば、そのサイトにクレジットカード決済があるとします。そこで商品を注文してしまうとクレジットカードの番号を抜き取られ、外部に流失してしまう危険性が高いのです。個人輸入代行の通販サイトというのは様々あるので、色々と見比べて購入しようとしている通販サイトが本当に大丈夫なのか見るようにしましょう。

おすすめの通販を紹介

ハイプナイトを購入するとしておすすめの通販サイトというのはお薬なびです。お薬なびで取り扱っている薬というのは全て正規品となっています。そのため、偽物が届くといった心配も一切ありません。また、問い合わせに関してはメール以外に電話での問い合わせも可能となっています。そのため、何か不明点があったとしても、その場で簡単に解決することができるのです。

また、電話での注文も可能です。注文方法が分からないという方は電話で説明してハイプナイトを購入しましょう。お薬なびにはハイプナイト以外にも多くの睡眠薬を取り扱っています。ルネスタはもちろん、ソナタジェネリックバスパー、バスピン、メラトニンタイムリリースやメロセットといったサプリメントも購入することができます。

お薬なびという通販サイトはとても信用性の高いサイトです。お薬なびなら不安も何もなくハイプナイトを購入出来ることでしょう。

ハイプナイトの通販はこちら

ハイプナイトの効果

ハイプナイトの効果

ハイプナイトはルネスタのジェネリックとなっているため、有効成分は同じエスゾピクロンが含まれています。有効成分が同じということなので、効果はルネスタと一切変わらないということでになります。

ルネスタもアモバンととても似ていたという特徴を持っているので、ハイプナイトはアモバンを使用していた方でも何も違和感なく服用することが出来るでしょう。

ハイプナイトはルネスタと同じ超短時間作用型の睡眠薬となっており、非ベンゾジアゼピン系に分類されます。即効性がとても強く、ハイプナイトを服用して10分~15分程度で効果が効いてきます。最高血中濃度に達するのは1時間~1時間半程度です。つまり服用してから1時間~1時間半程度でハイプナイトの効果が最大限になるのです。

そのため、ハイプナイトというのは不眠症の症状の中でも入眠障害にとても効果的です。入眠障害というのは、ベッドに入っても中々寝付く事ができず、30分~1時間以上睡眠に入れないといった症状です。逆に中途覚醒や早朝覚醒といった症状には効果はありませんので、どちらかの症状の場合は他の睡眠薬を使用するようにしましょう。

ハイプナイトは服用することで有効成分であるエスゾピクロンが作用し、脳内のGABAと結合して自然に近い睡眠へ導いてくれます。ですが、かなりの即効性のため、必ず眠る準備が出来た段階で服用しましょう。ハイプナイトを服用してから眠る準備をはじめるとハイプナイトの最大の効果のタイミングを逃してしまう可能性があります。

ハイプナイトの半減期

半減期というのは最高血中濃度に達してから濃度が半分以下になるまでの時間の事です。少し違いはありますが、薬の作用時間と捉えてもらっていても構いません。

ハイプナイトの半減期は薬4.83時間~5.16時間とされています。かなり細かいですが、この間をとると約5時間程度は持つということですね。ハイプナイトは超短時間作用型の睡眠薬となりますので、半減期も短いのです。5時間程度であれば起きる頃にはハイプナイトの効果ももう切れています。

つまり、寝付くことが難しいというだけの方であればハイプナイトはとても効果の発揮できる薬です。睡眠薬を使ってしまったせいで翌朝起きれなかったなんてことにもなりません。人の平均睡眠時間というのは6時間~7時間程度とされています。

ハイプナイトは起きる前には薬の効果も切れているので翌朝に持ち越すという不安もないのです。入眠障害で悩んでいたり、睡眠薬を使用しているけど翌朝まで持ち越して辛いという方はハイプナイトに変えてみると良いでしょう。

ハイプナイトの副作用

ハイプナイトの副作用

ハイプナイトはとても副作用の少ない睡眠薬です。新薬であるルネスタと同じで副作用が出る確率というのは7%とされています。睡眠薬の中でもかなり少ない数値と言えます。ただし、100人中7人が副作用を出してしまう可能性があるということです。そのため、必ず副作用が出ないというわけではありませんので、注意してください。ハイプナイトを服用する際はしっかりと副作用の事を頭に入れてから服用するようにしましょう。

眠気

ハイプナイトを服用することで眠気が起きるというのは睡眠薬なので効果で問題ありません。ですが、翌朝起きてまだ眠かったり、日中に眠気が襲ってきたりするという場合であればそれは副作用となります。夜中にハイプナイトを服用して翌朝にまで持ち越す事をhang over(ハングオーバー)と呼びます。

また、眠気だけでは治まらず、だるさやふらつき、倦怠感や集中力が低下するといった症状も生じてしまう可能性があります。

ハイプナイトは超短時間作用型の睡眠薬となっていますので、このような副作用が発症するというのはほとんどありません。ですが、絶対に出ないというわけでもありません。基本的には翌朝まで持ち越してしまうのは長時間作用型の睡眠薬が多く、超短時間作用型の睡眠薬にはあまり見られない副作用です。

しかし、睡眠時間というのは人によって変わってきます。平均は6時間~7時間とされていますが、ショートスリーパーの方であれば3時間程度で起きてしまうといった方もいるでしょう。そのような方の場合はハイプナイトの効果がまだ効いている段階で目をさましてしまうため、眠気が若干残る可能性があります。

また、それ以外にも体質によっては薬の代謝が遅いといった方も存在します。薬の代謝が遅いせいでハイプナイトの作用時間が長くなり、6時間で目を覚ましてもまだ眠気が残る可能性もあります。

耐性

耐性というのは薬の服用期間が長かったり、服用量が多かったりすることで身体がその薬に慣れてしまうことです。睡眠薬にとって耐性というのは一番問題視される副作用とされています。過去にあった睡眠薬でデパスハルシオンはこの耐性や依存性が問題視されて向精神薬と指定されてしまいました。

デパスやハルシオンといったベンゾジアゼピン系よりもハイプナイトなどの非ベンゾジアゼピン系は耐性が起こりにくいと言われていますが、絶対に安全というわけではありません。ハイプナイトに耐性がついてしまえば、今までは1錠で全然眠ることが出来たのに、身体が慣れてしまい今では2錠、3錠と服用しなければ寝れないということになります。

このように服用期間、服用量が徐々に増えていくことで依存性や離脱症状も大きくなっていきますので注意が必要です。

依存性

睡眠薬で一番不安と思う事がこの依存性かと思います。睡眠薬と依存性というのは切っても切れない関係で、依存性が不安だから睡眠薬に手を出せないという方も多いでしょう。ハイプナイトなどの非ベンゾジアゼピン系は依存性は少ないといっても、あることはあります。確かにデパスやハルシオンなどのベンゾジアゼピン系に比べたらとても少なくはなっていますが、絶対に安全とは言い切れません。

依存性というのは耐性と似ていて、服用期間、服用量が多くなるにつれて依存性が形成されていきます。睡眠薬に依存してしまうと身体が常に睡眠薬を求めるようになってしまうのです。睡眠薬がなければ寝ることもできない、就留ができない、手が震えるまど症状としては様々です。

ハイプナイトは依存性が少ないといっても毎日服用し続けていたり、かなりの用量を服用していたりすると、依存してしまう可能性も格段に上がってしまいます。また、アルコールと睡眠薬を併用することで依存性の急速形成の原因となると言われているので必ず併用はしないようにしましょう。

一過性前向性健忘

睡眠薬の服用期間が長かったり、服用量が多かったりすることで耐性や依存の他に怖い副作用を招いてしまう危険性があります。それが一過性前向性健忘です。どのような症状なのか説明すると、睡眠薬を服用した直後から眠りにつくまでの間の記憶が無くなるといった症状です。

この一過性前向性健忘が起こる睡眠薬というのは急激に効果を発揮する超短時間作用型の睡眠薬に多いとされていますが、ハイプナイトの場合はかなり稀な副作用とされています。ハイプナイトの新薬でもあるルネスタも同じです。ですが、かなり稀なケースといっても必ず出ないというわけではありませんので、頭に入れておきましょう。

ではなぜ一過性前向性健忘が起きてしまう事があるのか。それは睡眠薬で中途半端に脳を眠らせてしまうからです。睡眠薬を服用してすぐの場合に一過性前向性健忘が起きることが多く、ほとんどが十分に効果を効いていない状態で引き起こしています。

もしもハイプナイトを服用した際に一過性前向性健忘が起きてしまった場合は服用量を減らしたり、違う睡眠薬に変えるようにしましょう。

副作用を出さないための飲み方

ハイプナイトというのはルネスタと同じように超短時間作用型の睡眠薬です。服用してから10分~15分程度で効果があらわれてきます。そのため、ハイプナイトを服用する前にすぐ寝れる準備はしておかなければなりません。ハイプナイトを服用してから寝る準備をはじめてしまうと最大限の効果を発揮するタイミングを逃してしまう可能性があるため、必ず寝る準備は整えてからハイプナイトを服用しましょう。

ハイプナイトで副作用を出さないための飲み方としましては、長期に渡って服用し続けない事です。また、アルコールとの併用も禁止です。長期間の服用を続けていると身体がハイプナイトに耐性がついてしまい、依存してしまう危険性があります。また、アルコールと併用することでさらにリスクを高めてしまう危険性がありますので必ず避けるようにしてください。

その他に翌朝に眠気が取れないという方であれば、ハイプナイトの作用時間以上の睡眠時間を取るようにしましょう。仮眠目的などでハイプナイトを服用する場合、かなり眠気が残っている状態で起きなければならないことになります。

ハイプナイトを服用した際に副作用のリスクを減らす方法としては上記のものになります。ですが、あくまでもリスクを減らす方法です。そのため、上記の飲み方を実践したからといって一切副作用がでなくなるといったことではありませんので注意してください。

ハイプナイトの通販はこちら

ルネスタ(睡眠薬)