睡眠薬を通販で格安購入

ハルシオンは現在通販で購入することは不可能です。ですがルネスタやバスパーならハルシオンと似た効果を得ることができます。

睡眠薬

ハルシオンは通販で購入できない

ハルシオンは通販で購入できない

ハルシオンは現在向精神薬となっており、通販で購入することは不可能とされています。「麻薬及び向精神薬取締法」という法律によって向精神薬は薬局やドラッグストアでも購入することが不可能です。そのためハルシオンを通販で購入したいと思って探していても販売されているサイトはまず見つからないでしょう。仮にハルシオンが販売されている通販サイトがあった場合はその通販サイトは違法サイトとなってしまいます。また、購入してしまった場合は購入者の方も法律によって咎められますので注意してください。ハルシオンが販売されている通販サイトを見つけても必ず購入はしないようにしてください。

それではどこでハルシオンを入手すれば良いのか。一応病院では処方してもらう機会はあります。ですが、今ではハルシオンを出し渋る病院も多く、中々処方してもらう事が困難となっています。また向精神薬となっていますので、処方してもらうとしても14日か1ヶ月までしか処方してもらえない状態となっています。

ハルシオンを購入したいという方はハルシオンに代わる薬をおすすめします。完全に同じというわけにはいきませんが、似たような効果を発揮してくれるのでハルシオンを服用していた方でも安心して服用することが出来るかと思います。

ハルシオンの代わりの睡眠薬

ハルシオンが通販で購入不可能となった今代わりになる睡眠薬というのはあるのでしょうか。

ルネスタがおすすめ

ルネスタがおすすめ

向精神薬となってしまったハルシオンに代わる薬で一番のおすすめはルネスタです。ルネスタはハルシオンと同じ超短時間作用型の睡眠薬となっているので睡眠障害を改善するためにハルシオンを使用していた方にはとてもおすすめできます。超短時間作用型はルネスタの他にもアモバンマイスリーとありますが、どちらも向精神薬となっていますので購入できるのはルネスタのみです。ルネスタならジェネリックも販売されており、かなり安く購入出来るのでおすすめです。通販で購入すれば1錠64円~購入できます。またハイプナイトというジェネリックの場合は1錠56円~購入が可能です。

ですが、ルネスタもいつ向精神薬とされるか分かりません。超短時間作用型の薬ではルネスタ以外に購入出来るものがもうないのです。そのため、残りは抗不安薬となってしまいます。基本的にはうつ病に使用される薬ですが、落ち込み、不安を改善、その他にも眠りに導きやすい作用があるのです。そのためハルシオンが向精神薬となり購入不可能になった今では代わりとして抗不安薬を使用している方も多いです。

ルネスタの詳細はこちら

ルネスタの通販はこちら

※リンク先はルネスタ・ジェネリックです。

抗不安薬のバスパー

抗不安薬を代わりに使うのであればバスパーがおすすめです。バスパーはデパスの代わりとしても使用している方が多い薬です。服用することでドーパミンとアドレナリンの働きを高め、気持ちを落ち着かせてくれます。ただし服用後、立ちくらみなどを副作用として起こしてしまう可能性があるので注意しましょう。また自宅で使用すると良いでしょう。バスパーもジェネリックが販売されており、かなり安く購入ができます。実際ルネスタよりも安いです。1錠約51円~販売されています。バスピンというジェネリックならなんと1錠約27円~販売されているのです。ハルシオンの代わりの薬を探しいる方ならば、一度試してみても良いかもしれません。

バスパーの通販はこちら

※リンク先はバスパー・ジェネリックです。

バスピンの通販はこちら

ハルシオンの効果

ハルシオンの効果

ハルシオンはベンゾジアゼピン系に分類されている睡眠薬です。今では睡眠薬は20人に1人はもっていると言われ、ベンゾジアゼピン系は睡眠薬の中でも最も多く使用されている薬です。ベンゾジアゼピン系でハルシオンの他に有名な薬はデパスです。

ハルシオントリアゾラムという成分を含んでおり、ベンゾジアゼピン系の中でも超短時間作用型というタイプに分類されています。超短時間作用型というのはその名の通り服用すればすぐに効果が効いてくる即効性が高い薬です。ですが、即効性が高い分効果が切れるのも早いのが特徴となっています。

どのような方に使われているのかというと、入眠障害の方がよく用いる睡眠薬です。入眠障害というのは眠りに入る事が難しいとされている症状です。そのためハルシオンの力を借りればすぐに眠りに入ることができます。

ハルシオンの作用時間

ハルシオンは超短時間作用型とお話しましたが、実際どのくらいの作用時間なのでしょうか。超短時間作用型以外にも短時間作用型、中時間作用型、長時間作用型があります。

超短時間作用型 半減期2時間~4時間
短時間作用型 半減期6時間~10時間
中時間作用型 半減期12時間~24時間
長時間作用型 半減期24時間以上

となっています。半減期というのは血中濃度が半分になるまでにかかる時間です。そのため超短時間作用型のハルシオンは2時間~4時間の間で効果がなくなるという事です。ハルシオンは主に入眠障害に向いている薬です。そのため眠りに入ることだけが難しいという方にはピッタリです。逆に言えば夜中に何度も起きてしまう中途覚醒などの症状の場合はハルシオンの効果が切れてしまっているので向いていません。

ハルシオンは服用して15分~30分程度で効果があらわれ血中濃度の最高値に達するのは約1.2時間程度です。血中濃度というのは最大限の効果を発揮する時間です。つまりハルシオンは服用して15分~30分程度で効果があらわれ最大限の効果を発揮するのは約1.2時間程度ということです。かなりの即効性に優れていますがその分作用時間も短いので入眠障害の方のみ使用すると良いでしょう。

超短時間作用型の睡眠薬というのは多くあります。その中でもハルシオンは特に効き目が良く人気が高い薬です。ですが、効き目が高い事からハルシオンを悪用する方も多くなってしまいました。主に性犯罪に使われ、そのせいでハルシオンは悪用出来てしまう程即効性が高いと証明される形となってしまいました。

ハルシオンの副作用

ハルシオンの副作用

ハルシオンは効果の強い薬で副作用もそれほど多くはないと言われています。12,930例中の338例で副作用が発現されたと報告があります。パーセンテージにすると約2.61%です。そこまで心配する必要もないですね。ハルシオンで起きる主な副作用としては夢遊病、食欲不振、倦怠感、動悸、味覚障害、発疹や発熱、夢遊病と様々あります。また、一部大きな副作用として記憶が飛んでしまうなどもあります。この大きな副作用のせいでイギリスやブラジル、ノルウェー、オランダ、ドイツ、フィンランドなどの国々ではハルシオンの承認取り消しや禁止措置が取られています。

ハルシオンの依存性

ハルシオンはベンゾジアゼピン系の中でも依存性が高めと言われています。そのためハルシオンがなければ寝ることさえも出来ず、常にハルシオンを求めてしまう状態となるのです。

依存を起こしやすい条件として
効果が強い
半減期が短い
服用している期間が長い
服用している量が多い
とあります。

ハルシオンを継続している場合はどの条件にも当てはまります。半減期が短いと薬の効果がすぐに抜けてしまうため、何度も服用してしまいがちです。服用している期間が長いと身体が薬に慣れてきます。そのためハルシオンがなくなってしまうと身体がびっくりしてハルシオンを服用する以前よりも不眠の症状が強くなってしまうのです。このような症状を反跳性不眠と言います。

またハルシオンの離脱症状というのも酷く、反跳性不眠も含めてですが、普段からイライラが治まらない、落ち着きがなくなる、不安が強くなるといった症状が出てきます。味覚に異常を起こす方も存在し、全ての食べ物が金属の味がしてしまうなんてこともあります。

この依存性の強さ、離脱症状の強さからハルシオンは向精神薬となり購入が不可能となってしまったのです。一種の麻薬のようなものです。

ハルシオンの服用方法

ハルシオンの服用方法

ハルシオンは服用してから15分~30分程度で効果があらわれてきます。そのためハルシオンを服用したらすぐに寝るようにしましょう。ハルシオンを飲んでから寝る準備をするのではハルシオンが最大の効果を発揮するタイミングを逃してしまう可能性がありますので、必ず寝る準備を済ましてからハルシオンを服用するようにしてください。

不眠症の症状によって服用する用量というのは変わってきます。基本的には1回0.25mgを寝る前に服用します。ですが、不眠症の症状が酷い場合は0.5mgを使用することもできます。また、高齢者には1回0.125mg~0.25mgまでとされています。

ハルシオンの注意点

ハルシオンは効果も強く不眠症の方にはとても助かる睡眠薬です。ですが、危険な副作用もありますので注意して服用しなければなりません。ハルシオンを服用する場合はまず注意点を必ず頭に入れておくようにしましょう。

不眠のタイプが違うと効かない

ハルシオンは入眠障害にはかなり効果を発揮する睡眠薬となっています。夜中に何度も起きてしまう中途覚醒や朝予定していた時間よりも2時間以上早く起きてしまう早朝覚醒、睡眠時間は十分にとったのにあまり熟眠感を得られない熟眠障害には効果はありません。

ハルシオンを服用する場合は自分がどのタイプの不眠症なのかしっかり調べてから服用するようにしましょう。自分のタイプも知らずに不眠症だからといって安易にハルシオンに手を出さないようにしましょう。

ハルシオンとアルコールの併用は禁止

ハルシオンとアルコールの併用は出来るだけ避けるようにしましょう。ハルシオンの添付文書には「精神神経系統の副作用が発症する恐れがあるので出来るだけ飲酒は避けること」と記述されています。絶対にダメというわけではないですが、ハルシオンは一部では大きな副作用があらわれていると報告があります。そのためハルシオンを服用している期間中はアルコールの摂取は控えたほうが良さそうですね。

ハルシオンとマイスリー

ハルシオンとマイスリー

ハルシオンと同じくらい有名な睡眠薬でマイスリーという薬があります。このマイスリーも超短時間作用型の睡眠薬となっており、15分~30分程度で効果があらわれてきます。しかし即効性がある分血中濃度もすぐに下がる特徴があります。そのため入眠障害には適していますが、その他の不眠症にはあまり向いていないでしょう。

睡眠改善の効果があり、よく似ているハルシオンとマイスリーですが、違いはなんなのでしょうか。

ハルシオンとマイスリーの違い

ハルシオンはトリアゾラムという成分を含んでいます。それに対しマイスリーはゾルピデムという成分です。そのため同じ睡眠薬でも分類が変わってきます。ハルシオンはベンゾジアゼピン系ですが、マイスリーは非ベンゾジアゼピン系となります。

ベンゾジアゼピン系は副作用も多く現れやすいという特徴があります。それに対しマイスリーが分類されている非ベンゾジアゼピン系は睡眠作用に特化している睡眠薬なため、副作用も出にくい特徴があります。また、マイスリーは人間本来の睡眠パターンをあまり変化させない特徴があるため、自然な形の眠りを得られるようになっています。そのためハルシオンよりもマイスリーの方が病院では処方される機会も増えています。

ハルシオンとマイスリーはどちらも超短時間作用型です。ですが、成分も違うので若干の差はあります。ハルシオンの場合は約1.2時間で血中濃度が最高値に達します。マイスリーは約0.8時間で血中濃度が最高値に達します。そのため即効性が高いのはハルシオンよりもマイスリーとなります。ですが、当然服用する方の体質にも多少のズレは出てきますので絶対にマイスリーの方が即効性があるというわけでもありません。

マイスリーの方が即効性が高いという事は半減期も短くなっているということです。ハルシオンが2.9時間に対し、マイスリーは2.3時間となっています。ですがこれも体質によってはズレが発生してきます。

どちらが合うかは人それぞれ

ハルシオンとマイスリーはとても似ている睡眠薬ですが、絶対にこっちの方が優れた睡眠薬というのはありません。ハルシオンの場合は抗不安作用ももっており、精神的な不眠に効果を発揮してくれる部分もあります。ただし依存してしまうリスクもあります。

また、睡眠薬には相性というのがあり服用する方によってハルシオンの方が良く効いた、マイスリーの方が効果が高いなどが起きてきます。自分に合った睡眠薬を選ぶようにしましょう。

ルネスタ(睡眠薬)