睡眠薬を通販で格安購入

マイスリーの副作用、依存症、離脱症状、効果、飲み方など説明しています。現在は病院処方でしか入手できません。

睡眠薬

マイスリーの副作用

マイスリーの副作用

マイスリーは非ベンゾジアゼピン系に分類されている睡眠薬です。非ベンゾジアゼピン系というのは睡眠薬の中でも副作用がとても少ない薬とされています。だからといって必ず副作用がでないというわけではありません。

マイスリーが合う方、合わない方というものいて、服用する方それぞれで副作用が一切出なかったり、強く出てしまうという方がいます。マイスリーを服用したことで発症する副作用というのはいくつかあります。

眠気
発熱
かゆみ
頭痛
吐き気
発疹
肝機能障害
などといった症状が報告されています。ですが、絶対に起こるというわけでもありません。マイスリーの服用期間が長かったり、服用量が多かったりすると副作用というのは起こりやすい状況にあります。

マイスリーで起こる精神異常

マイスリーで起こる精神異常

マイスリーは現在向精神薬として指定されています。向精神薬というのは精神に作用する薬という意味です。つまり、先程説明した通り、マイスリーを長い期間服用していたり、服用量が多くなってしまうと身体的な副作用のみではなく、脳に作用してしまい、精神的に異常をきたす場合が出てくるのです。精神的症状で報告のある副作用をいくつか説明します。

錯乱症状

錯乱症状というのは物事をはっきり考える事が不可能な状態に感じさせる症状です。見当識障害やせん妄とも呼ばれることがあります。症状としては会話の中でどもったり、感情の急な変化、不安感が急に襲ってきて突然動揺したりします。

自分自身で分かっている場合は家族や友人といった近しい人に援助してもらうことがおすすめです。錯乱状態にいると以前まで自分1人で出来ていたことでも助けが必要となることがあります。

幻覚症状

マイスリーを服用することで幻覚を見るようになったというのはとても多く報告されています。幻覚というのは実際にはないものが見えたりする症状です。

1つのものが2重に見えたり、実際にはいない人間が見えてしまったりします。また、夢と現実が重なってどれが現実なのか分からないといったこともあります。

夢遊病

夢遊病というのは就寝中に起きる症状です。睡眠時遊行症(すいみんじゆうこうしょう)とも呼ばれます。記憶がない就寝中に歩きまわったり、誰かに話しかけたり何かを食べたりしてしまうという症状です。

夢遊病には個人差があり、ただベッドの周りを動いたりする場合もあれば、着替えたり、外に出ようとしたりなど様々あります。ですが、ほとんどの方が15分程度すれば自力でベッドへ戻り正常な睡眠に戻ると言われています。

まとめ

マイスリーを長期間服用していたり、服用量が多かったりすると、副作用が少ないと言われている非ベンゾジアゼピン系でも重い副作用が発症してしまう可能性があります。精神的症状の発症頻度がいくら少ないといっても必ず起きないというわけではありませんので注意が必要です。

マイスリーの依存性

マイスリーの依存性

マイスリーは非ベンゾジアゼピン系に分類されており、服用期間が短かったり、服用量が少なければ依存性のリスクもかなり減ることでしょう。ですが、逆のこともいえます。多くすればするほど依存性のリスクは大きくなり、副作用、依存性、離脱症状が少ないと言われているマイスリーでも依存してしまう可能性があります。

依存性というのは身体依存と精神依存の2つがあります。身体依存というのは薬が身体に入らなくなることでパニックとなり、バランスが崩れてしまい調子が悪くなるものです。

精神依存というのは薬が入らない事で脳がパニックを起こしてしまい、落ち着きがつかなくなってしまうことです。

マイスリーはとても効果の高い薬です。だからといって毎回毎回マイスリーに頼って寝てしまうと身体が慣れてしまって以前までと同じ量では満足いった睡眠を得ることが不可能となってきます。そうなると当然服用量も増えていき、繰り返して依存してしまいます。

マイスリーに依存している期間が長ければ長いほど身体はマイスリーがあるのが当たり前になってくるため、離脱症状というのも大きく出てしまいます。

マイスリーの離脱症状

マイスリーに依存している状態で断薬や減薬を行うと離脱症状といったものがあらわれてきます。依存性と離脱症状が大きいと言われていたデパスハルシオンよりもマイスリーの症状は弱いと言われています。ですが、副作用と同じような症状だったり、危険な症状が出てくることもありますので、必ず頭に入れておくようにしましょう。

マイスリーの離脱症状として発症頻度の多いのは
不眠
不安
焦燥
筋肉痛
イライラ

などといったものです。上記の症状が離脱症状としては一番多いものとされています。以前までマイスリーに頼って寝ている状態だったため、マイスリーが身体から離れると数日間は眠れない状態になることもあります。

次に多い症状としては
頭痛
発汗
吐き気
抑うつ状態

などといったものです。出現頻度は低いといっても服用期間が長かったり、服用量が多かったりする場合は発症する確率も高くなってきますので注意してください。

発症頻度は低いですが危険な症状としては
錯乱
幻覚
てんかん

などの症状です。こちらは滅多に出ないといっても良いでしょう。ですが、マイスリーを服用していて精神系の副作用が出たことがある方の場合はこのような離脱症状もあらわれる確率が高いです。

上記で挙げたような離脱症状を出さないためには急に断薬、減薬をしないようにしましょう。マイスリーに依存してしまっている場合に断薬をしてしまうと離脱症状が出てしまう危険性はかなり高いです。

そのため、少しずつ減薬していくようにしましょう。ピルカッターなど持っていれば、カットして細かく減薬していくことで離脱症状が起きるリスクというのはとても低くすることが出来ます。

マイスリーの効果

マイスリーの効果

マイスリーは非ベンゾジアゼピン系の超短時間作用型に分類される睡眠薬です。超短時間作用型というのは即効性が高い分、半減期が短い薬です。同じような睡眠薬ではアモバンやルネスタといった薬があります。

半減期というのは効果の持続時間のようなもので、マイスリーの場合は2時間程度です。その分即効性もかなり強い印象です。

マイスリーを服用して1時間もしないうちに効果が最大限になります。ですが、2時間程度で効果が終わるため、不眠症の中でも入眠障害のみに効果があると言えます。

中途覚醒や早朝覚醒といった不眠症には効果はありません。寝付きが悪いという方がマイスリーを使用することで睡眠改善へ繋がると言えるでしょう。

マイスリーの作用機序

マイスリーはゾルピデムと呼ばれる成分が含まれています。このゾルピデムが体内に入ることで脳にあるGABA受容体の働きを強めてくれます。GABAというのは抑制系神経伝達物質と言われており脳を鎮静させる作用をもつ物質の事です。

GABA受容体にはω受容体という部位があり、その中でもω1受容体とω2受容体があります。ω1受容体には眠りに導く睡眠作用があり、マイスリーが分類されている非ベンゾジアゼピン系はω1受容体にのみ作用するため心地よく睡眠へ導いてくれるのです。

マイスリーは通販で購入禁止

マイスリーは現在向精神薬と指定されてしまったため通販で購入することは不可能となっています。もしも通販でマイスリーが販売されていた場合はその通販サイトは違法サイトとなります。また、そこで購入してしまった場合は購入者も違法となってしまいます。そのため、入手する唯一の手段というのは病院で処方してもらうことです。

ですが、病院で処方してもらうといっても向精神薬の場合は処方に制限があります。マイスリーが欲しいといっても処方してもらえるのは14日か1ヶ月までの分しか処方してもらうことはできません。

マイスリーが欲しいという方はマイスリーに代わる薬をおすすめします。マイスリーと似たような効果を持っている薬は通販で購入することも出来るので、以前までマイスリーを服用していた方でも安心して服用することができます。

マイスリーの代わりの薬

マイスリーは現在向精神薬と指定されているため、病院で処方されるしか入手方法はありません。ですが、マイスリーと似たような効果を持っている睡眠薬というのは現在通販でも購入することはできます。幾つか紹介しますので参考にしてみてください。

ルネスタ

ルネスタ

ルネスタは非ベンゾジアゼピン系で超短時間作用型に分類されている睡眠薬です。主成分にはエスゾピクロンという成分を含んでおり、即効性や半減期もマイスリーととても良く似ていてマイスリーを服用していた方なら安心してルネスタを服用できるかと思います。

ルネスタはアモバンの代わりとしても大活躍している睡眠薬で、アモバンの特徴であった苦味を抑えた薬となっています。マイスリーよりも副作用、依存性、離脱症状が少ないとされているので、マイスリーの副作用や依存性、離脱症状が気になっていたという方でもルネスタなら安心して服用することができます。

ルネスタの薬価を比較

ルネスタの通販はこちら

※リンク先はルネスタ・ジェネリックです。

ソナタジェネリック

ソナタジェネリック

ソナタジェネリックは非ベンゾジアゼピン系で超短時間作用型となっている睡眠薬です。抗不安薬としても使用されることがあり、デパスやハルシオンの代わりに使用するといった方も多く存在します。

超短時間作用型なので即効性も高く、マイスリーを服用していた方でも満足のいく効果を実感できるでしょう。服用してから30分程度で効果があらわれ、1時間程度で血中濃度が最高値に達します。

即効性が高いため、入眠障害にはとても効果を発揮します。その反面中途覚醒や早朝覚醒といった不眠症には不向きと言えるでしょう。

ソナタジェネリックは副作用、依存性、離脱症状全て少なく、マイスリーを服用していた方でも安心して服用することが出来ます。

ソナタジェネリックの効果

ソナタジェネリックの通販はこちら

バスパー

バスパー

バスパーは元々は抗不安薬として使用されている薬です。ですが、睡眠薬としてデパスやハルシオンの代わりに使用している方も多く、即効性はあまり期待できないですが、副作用や依存性、離脱症状といったものがかなり少ないことで人気の薬となっています。

主成分にはブスピロンという成分を含んでおり、服用することで不安や緊張などを抑制してくれます。不安が原因で寝付けないという場合はバスパーを服用することで気持ちが安らぎ、睡眠へ導いてくれます。

効果は12時間~14時間程度まで持続するため、入眠障害以外にも効果はあります。また、これは個人差がありますので、服用する方の体質によって短かったり長かったりします。

バスパーの副作用

バスパーの通販はこちら

マイスリーの飲み方

マイスリーは上記で説明した通り服用期間が長かったり服用量が多かったりすると依存性のリスクが高くなってしまうので最初は少量からはじめるようにします。寝付けない時に1錠服用しましょう。

服用する際は必ず寝る準備が出来ている段階で服用してください。マイスリーはとても即効性に優れている薬です。そのためマイスリーを服用してから寝る準備をするとなるとマイスリーの効果が最大限に達するタイミングを逃してしまう場合があります。

マイスリーの注意点

マイスリーの注意点

マイスリーを服用する際は必ず注意点を頭の中に入れてから服用するようにしましょう。自分の判断で服用してしまうと思わぬ副作用を招いてしまう危険性がありますので注意してください。

自己判断の増量は避ける

先程も説明した通りマイスリーをはじめて服用するという方の場合はまずは少ない用量から服用をはじめてください。いきなり服用量を多くしてしまうと体質的に合わない場合に強い副作用を招いてしまったり、依存症になるリスクを高めてしまう場合があります。

ピルカッターなどを持っている方は半分にしたり工夫して服用することによって副作用、依存症、離脱症状のリスクを減らすことができます。

アルコールと併用は避ける

マイスリーは精神機能や運動機能を低下させる恐れがあるため、できるだけ飲酒を控えなければならないと添付文書に記載されています。理由としてはお互いの効果を増強させてしまうためというものです。

お酒が好きな方の場合は少し辛いと思ってしまうかもしれないですが、副作用のリスクを減らすためにも出来るだけ控えるようにしましょう。

また、マイスリーをアルコールと一緒に飲まなくてもアルコールが体内に残っている状態でも同じことが言えます。そのため、マイスリーを服用するという時はアルコールの摂取は控え、アルコールを摂取するという時はマイスリーを服用しないようにしてください。

服用後は必ず就寝前

先程も説明しましたが、マイスリーを服用の際は必ず寝る準備が出来ている段階で服用してください。マイスリーを服用後に色々と作業を行ったりするとマイスリーの最大限の効果のタイミングを逃してしまいます。

効果の最大になったタイミングを逃してしまったためもう1度服用するといったことになると副作用を強めたり、依存症、離脱症状のリスクをかなり高めてしまう場合がありますので、必ず服用後は寝るようにしてください。

ルネスタ(睡眠薬)