睡眠薬を通販で格安購入
睡眠薬

ルネスタの薬価について

薬剤とカルテ

薬価とは国が病院で扱われる薬の公定価格を定めたものですが、病院処方と通販サイトでの薬価には大きな違いが見られます。不眠治療薬のルネスタは現在薬事法の一部改正によって通販サイトで購入する事はできません。睡眠薬の成分として含まれるエチゾラムが向精神薬・麻薬取締法の対象となり、海外からの個人輸入による通販サイトでの購入ができなくなりました。
しかし、ルネスタのジェネリック薬品であるルネスタ・ジェネリックに関しては通販購入が可能です。
ルネスタ・ジェネリックはルネスタの代替薬品となりますが、ルネスタと同様に高い睡眠効果を持っています。
以下は病院処方と通販サイトでの薬価を比較したものになりますので、参考にしてください。

病院処方薬価
ルネスタ錠3mg(1錠)102円
ルネスタ錠2mg(1錠)80円
ルネスタ錠1mg(1錠)51円
通販サイトより参照薬価
ルネスタ・ジェネリック 2mg(50錠)(1錠)81円 (1箱)4,050円
ルネスタ・ジェネリック 2mg(100錠)(1錠)72円 (1箱)7,290円
ルネスタ・ジェネリック 2mg(150錠)(1錠)64円 (1箱)9,720円
通販サイトより参照薬価
ハイプナイト 3mg(50錠)(1錠)99円 (1箱)4,950円
ハイプナイト 3mg(100錠)(1錠)89円 (1箱)8,910円

このように病院処方と通販サイトでの薬価に大きな違いはありません。しかし通販サイトでは薬の数量を増やすに従って薬の単価が低くなっているのが分かります。もし今後の長期使用を考えている方には通販購入がおすすめです。
(※通販で購入する際には1箱単位での購入となります)

女性とパソコン

ルネスタの薬価は病院処方と通販サイトを比べても大きな違いはありません。
病院では医師からしっかり診察してもらい自分に合った薬を処方してもらえる利点がありますが、病院への移動費用や受付・診察の待ち時間などが重なり何かとストレスになり手間もかかってしまいます。また、診察代と薬代の合計金額に驚く事もしばしばあります。
しかし、通販ではこのような時間や手間が省けて薬を家まで配送してもらえる大きな利点があります。購入方法もファッションサイトで服を購入するのと同じように購入への流れがスムーズです。また、薬についての効果や副作用・使用方法についても詳しく記載されているため安心して購入する事ができます。
普段仕事で忙しくなかなか時間を作れない方は、ぜひ一度通販サイトで購入する事も参考にしてみてください。

薬価とは

薬価とは病院側で扱う薬の価格を国が定めた「薬価基準」に基づくもので、病院によって診察代が異なる事で患者さんへの請求金額も変わります。薬価は2年ごとに価格が見直されます。同じような成分を扱っている薬においても価格に差が生じる場合もあります。

不眠治療薬ルネスタ

不眠治療薬ルネスタ

ルネスタは日本の大手製薬会社であるエーザイ株式会社より製造販売されている不眠治療薬です。不眠症の方や何かしらの睡眠障害を持っている方から絶大な支持を得ています。特長としては、薬の成分が脳神経に作用し快適な眠りを促す優れた効果があります。短い時間帯で眠りに導く即効性があり、副作用が少なくリラックスした状態で自然な眠りにつける特長があります。 このような睡眠薬は通常病院での処方となりますが、通販サイトでは様々な睡眠薬を取り扱っています。では、不眠治療薬のルネスタも同様に通販サイトでの購入が可能か詳しく調べてみました。

ルネスタの効果、副作用

ルネスタの効果、副作用

ルネスタとは2012年に発売された睡眠薬です。比較的にまだ新しい睡眠薬で非ベンゾジアゼピン系に属します。アモバンを改良した薬でアモバンの特有の苦味を抑え、より副作用を軽減させ作られた薬です。特に安全性の高い薬として定評があります。不眠症の症状、入眠障害、中途覚醒で悩んでる方にも、しっかりとした効果を期待できる睡眠薬です。アモバンが個人輸入ができなくなり、代替薬としてルネスタが今はとても注目を集めています。

ルネスタの効果

ルネスタはアモバンと同じ超短時間作用型の睡眠薬です。有効成分はエスゾビクロンです。特に入眠障害と中途覚醒に効果を発揮します。服用して15~30分程度で効果が出てきます。脳内のGABAと結合することで自然に興奮を鎮め、自然に近い状態で眠りに就く事が可能となりました。効果はアモバンととても似ていますが、アモバン特有であった味覚障害(苦味)について、ルネスタはかなり改善され飲みやすくなっています。元々、アモバン自体が副作用が少なく、安全な薬として知られていますが、ルネスタはそのアモバンより副作用は少なく、安心して服用する事ができます。そして依存性も少なく、質の良い睡眠が取れます。総合的にアモバンより優れた睡眠薬という事になります。

ルネスタの副作用

ルネスタの副作用

先ほども書きましたように、非ベンゾジアゼピン系は最も副作用が少なく、安全な薬です。副作用がでる確率も7%程と低い数値で、これは睡眠薬の中でも極めて少ない数値となっております。しかし、質的なものなどで以下のような特殊な副作用が現れる場合があります。
・だるさや脱力感
・味覚異常
・アナフィラキシー
・呼吸抑制
またこれはどの睡眠薬にも共通している事なのですが、個人差によりますが、日中まで睡眠薬の効果が残ってしまう場合があります。これを持ち越し効果といいます。だるさ、倦怠感、集中力の低下などを生じてしまう可能性がありますので注意が必要です。この持ち越し効果についてはショートスリーパーの人、薬の代謝が遅い人が比較的に生じやすいので注意しましょう。もし、改善ができないようであれば、医師、または薬剤師に相談するようにしましょう。

ルネスタの半減期

ルネスタの半減期

ルネスタは「超短時間型」なので半減期は短いです。なかなかすぐに寝付けない入眠障害の人はルネスタを使用した方がいいでしょう。ルネスタやアモバンは即効性のある睡眠薬ですので、服用する時は全ての作業を終わらせて、後は寝るだけという時に服用するようにしましょう。

主な半減期の一例です。
超短時間型~半減期が2-4時間
短時間型~半減期が6-10時間
中時間型~半減期が12-24時間
長時間型~半減期が24時間以上
※半減期は効果持続時間の長さを表します。

ルネスタとアルコール(お酒)

お酒と女性

どのような治療薬を服用する際は基本的に水と一緒に飲むのがよいと言われています。お酒との服用は危険だと一般的には知られていますが、ルネスタも同様にお酒と一緒に服用したり、お酒を飲んだ後に薬を飲む事は体にとって悪影響を与えるため危険です。
ルネスタの作用として直接脳にある中枢神経を抑制する働きがありますが、お酒に含まれるアルコールと同時に摂取した場合やアルコールが体内で残っている場合は薬の作用が薄くなったり効果が出すぎて急激に眠気が襲ったりする場合があります。そうなると薬の効果が全く予測できなくなり、自身の体に与える影響力は計り知れません。
お酒を飲む場所は自宅とも限らず外出先の可能性も十分にあります。もし薬の効果が出すぎた場合、外出先から自宅に帰るまでの間に眠ってしまう可能性があるのです。自身の体を全くコントロールできなくなると考えたら恐ろしいです。
場合によっては薬やアルコールを分解する肝臓に大きな負担を与える事も考えられ、体に対して重篤な副作用を起こす事も考えられます。普段からお酒を飲むのが好きな方や飲酒の習慣がある方は、最悪の事態にならないよう頭に入れておくべきです。
また、薬とアルコールの服用によってどちらに対しても耐性が付いてしまい、後に急激な依存症を形成する危険性もあります。
ルネスタを飲む際には、アルコールとの服用は大変危険であるため極力控えるようにしましょう。

ルネスタとアモバン

不眠症に対しての治療薬であるルネスタとアモバンはどちらも似ているように思いますが、それぞれ異なる点もいくつかありますので紹介します。 その違いを詳しく比較してみると、まず薬に対しての味覚に違いがあります。アモバンは薬特有の苦味を持っており、日中や翌朝までの長時間苦味が口に残ってしまう事もあります。ルネスタは苦味を抑えるように改良されており、アモバンの苦味に抵抗がある人にとっては服用しやすい利点があります。 また睡眠作用をもたらす時間の長さにも若干の違いがあり、アモバンは約3~4時間でルネスタは約5~6時間の睡眠作用があります。よって睡眠時間を長めにしたい方にはルネスタがおすすめです。
もう1つは薬の体に対しての副作用や、反跳性不眠を起こす可能性の違いが挙げられます。反跳性不眠とは睡眠薬の量を減らした時期や睡眠薬の服用を止めた時期に起こしやすい不眠症状の事で、アモバンには反跳性不眠を起こす可能性がありました。しかしルネスタはこの点も改善されているため、不眠症状を確認するために睡眠薬の量を一時的に減らしたり止めたりする事も行いやすくなりました。
不眠症を克服するためにはなるべく治療薬に頼り過ぎない方がよいため、ルネスタは治療薬への依存を減らし不眠症克服への目標を達成しやすいという利点があります。

ルネスタのジェネリック

ルネスタのジェネリック

ルネスタは個人輸入は禁止されている睡眠薬です。しかし、ジェネリックは通販で購入する事ができます。ジェネリックは先発薬と同じ有効成分を使用して製造されている薬ですので、同じ効果を得る事ができます。しかもジェネリックなので費用も先発薬より安く購入する事ができるので、費用的な面で考えるとジェネリックを購入する事をお勧めします。ルネスタのジェネリックを購入したい時は通販で購入するようにしましょう。ルネスタのジェネリック以外にハイプナイトという薬もあります。ルネスタとほぼ同じ効果を得る事ができます。

ルネスタのジェネリックのご購入はこちら

ルネスタを通販で購入

ルネスタを通販で購入

病院や専門クリニックでルネスタを入手するよりは、通販で購入した方がより、費用を抑える事ができます。ルネスタの薬価は病院での処方と通販では差額はそこまでありませんが、診察料などの面などを考えると、やはり通販の方が費用を抑えて購入する事ができます。処方箋なしに購入できる点では、通販は面倒な手間も省けるのでいいでしょう。しかし、不眠症の治療について原因や症状について詳しく知りたいという人は専門家の意見などを聞いてみた方がいいでしょう。しかし、専門クリニックではカウンセリングについては保険適用外の所が多いのでその辺は気をつけるようにしましょう。高額な費用を請求されたという話は少なくありません。

不眠症は一概にどこを治療すればいいのか?どの睡眠薬がいいのか?すぐには分からないものです。自分の不眠のタイプを知る事が何よりも大切な事です。通販では口コミや体験談などを利用する事で自分に適した睡眠薬を見つける事に大いに参考になると思います。通販でしたら24時間いつでもアクセスできるので是非、参考にしてみて自分に合った睡眠薬を見つけましょう。

ルネスタ(睡眠薬)