睡眠薬を通販で格安購入

不眠症の症状には入眠障害、中途覚醒、早朝覚醒、熟眠障害の4タイプがあり、症状の違いや特徴、効果的な睡眠薬を紹介します。

睡眠薬

不眠症の原因

不眠症の原因

不眠症の原因というのは大きく分けると5つタイプになります。

心理的原因、身体的原因、薬理学的原因、生理学的原因、精神医学的原因の5つです。それぞれが異なった特徴をもっており、1つだけではなく複数の原因が重なって不眠症が発症してしまうケースもあります。

そのため不眠症を発症してしまう方で原因はみな違ってきます。その人その人で原因が異なり、5つに分けた中でもまた細かく原因が異なってくるのです。

不眠症というのは歳を重ねると共に起こりやすいと言われていますが、決して若い年代の方は発症しないというわけではありません。

不眠症は原因を見れば若い方でも誰でも発症してしまう可能性があると分かる病気なのです。

原因によっては生活習慣を改善するだけで不眠症が簡単に治る場合もあります。その逆もあり、生活習慣だけではどうにもならず、薬を投与したりしなければ治す事が難しいこともあります。

不眠症を改善させるためにも、まずはなぜ不眠症になってしまったのか原因を探ることが大切です。原因を突き止める事で不眠症の改善というのはとてもスムーズに行えます。

また、不眠気味だなと感じる方のために不眠症にならないための対策も記載していますので参考にしてみてください。

心理的原因

心理的原因

心理的原因というのはそのままの意味で精神的な部分が原因となり引き起こしてしまうケースの不眠症です。

精神的部分というのは簡単に思いつくものでストレスや生活上での不安などです。

ストレスや不安で不眠症になってしまうといったケースは非常に多く見られます。

実際に寝る前に考え事をしてしまい、入眠障害になってしまったという方も多いでしょう。

また、心理的原因で不眠症を引き起こしてしまうと、同時にうつ病も引き起こしてしまう可能性があります。

生活上で不安や悩みを持っているという方は多いでしょう。家庭の事や仕事の事、また人間関係の事などです。

そのような不安や悩みを持ち続けていると、これがやがてストレスへ変化し、不眠症へと繋がってしまうのです。心理的原因で多い不眠症というのは入眠障害です。主に寝る前に考え事をしてしまうため、寝付けなくなってしまいます。

ストレスを抱えているとなぜ不眠症を引き起こしてしまうのでしょうか。

睡眠というのは基本的にはリラックス状態で入るものです。ですが、寝る前にストレスなどで考え事をしていると脳が興奮状態となり、いつまでたっても眠りに入ることができなくなってしまいます。

心理的原因の対策

心理的原因で不眠症を引き起こしてしまっている場合の対策としてはただ1つです。ストレスや不安の原因を解決させることです。

中々難しいかと思いますが、原因を解決することで寝る前も考え事をしないようになります。

また、定期的にストレスを発散させることでスッキリ寝ることもできるでしょう。

まずは自分がどんなストレスや不安で寝れなくなっているのか原因を突き止めましょう。そこから解決策を寝るようにすれば自然と不眠症も治るようになります。

身体的原因

身体的原因

身体的原因というのは何らかの病気を患っており、その症状によって起きてしまうといったケースの不眠症です。

身体的原因はとても範囲が広く、外傷などの痛みを伴う疾患もあれば、湿疹などのかゆみ、喘息や花粉症なども身体的原因の範囲に含まれます。

身体的原因の場合は入眠障害もそうですが、中途覚醒が発症しやすいです。寝ている最中でも患っている疾患の症状が出てしまい、嫌でも目覚めてしまうという方も多いでしょう。

身体的原因は高齢者に多い不眠症の原因です。例えば頻尿も身体的原因に含まれます。

高齢になるにつれて、夜間の頻尿というのも増えてきます。そうなると夜中に嫌でも目が覚めてしまいます。

身体的原因の対策

身体的原因の対策としてはとても単純で、患っている疾患を治療することです。治療さえ終えてしまえば不眠症も自然と治ることでしょう。

身体的原因の場合は自分で原因を突き止めやすくなっています。そのため、原因が分かったらすぐに治療をすすめるようにしましょう。

1つ注意点としては原因が分かっているのにも関わらず放置しておく事は絶対に辞めましょう。

放置してこのまま不眠症に悩まされます。そうするとストレスが溜まっていき、身体的原因と他に心理的原因にも発展してしまうケースがあります。

そうなってくると治療にはどちらに対してのアプローチが必要となってくるため、不眠症を治すのに非常に時間がかかってしまいます。

原因が分かっているのであればすぐに治療をすすめ、不眠症を改善するようにしましょう。

薬理学的原因

薬理学的原因

薬理学的原因というのは服用している薬やカフェイン、アルコール、またタバコに含まれているニコチンなどによって引き起こしてしまうケースの不眠症です。

服用している薬というのは様々あり、代表的な薬で言えば抗がん剤、ステロイド、自律神経や中枢神経に働く薬などです。

カフェインを摂取することで寝れなくなるというのは誰でも1度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

今ではコンビニなどで販売されているエナジードリンクというのもカフェインが入っており、眠気覚ましとして飲んでいる方も多いでしょう。

カフェインというのは脳を活発化させ、覚醒作用があるのです。先ほどでも眠りに入るには脳をリラックスさせないといけないと説明しました。

そのためカフェインを摂取することで脳が覚醒され、いつまでたっても寝れないという状況になるのです。

タバコに含まれているニコチンにもこれは同じ事が言えます。ニコチンもカフェインと同様、脳を覚醒させる作用がありますので、就寝前に1服する習慣がある方の場合は眠りに入るのが少し遅れてしまうでしょう。

「アルコールは摂取すれば寝れる」と思い、寝る前にアルコールを摂取している方も多いでしょう。実際にアルコールを摂取することで一時的には眠くなります。

ですが、アルコールを分解するためには身体は働かなければなりません。そのため、例え寝れたとしても眠りがとても浅くなり、夜中に何回も目が冷めてしまう中途覚醒を引き起こしてしまう可能性があります。

薬理学的原因の対策

薬理学的原因の対策としては原因となっているカフェイン、アルコール、タバコに含まれるニコチンを就寝前に摂取しない事です。

習慣付いている方の場合は難しいかと思いますが、就寝前に摂取をやめるだけで質の良い睡眠を取ることができます。

また、薬理学的原因も身体的原因と同じで、長い期間寝付けない事でストレスとなり、心理的原因にも発展してしまうケースがありますので注意してください。

精神医学的原因

精神医学的原因

精神医学的原因というのはうつ病、統合失調症、神経症などの精神疾患が原因となって引き起こしてしまうケースの不眠症です。

慢性的な不眠症を患っている患者の1/3から半分は何らかの精神医学的障害を患っているとも言われています。

精神疾患というのは多くの方がストレスや不安、悩みといった部分から精神が不安定となってしまいます。

原理としては心理的原因と似ている部分があります。ですが、精神医学的原因というのはすでに精神疾患を患っていてから不眠症を引き起こしてしまう特徴があります。

うつ病と不眠症というのはとても近い関係にあり、うつ病を患っていれば不眠症に、不眠症を患っていればうつ病になる可能性というのがとても高いです。

精神医学的原因の対策

精神医学的原因の対策として、うつ病から不眠症へ発展してしまった場合は、まずはうつ病を治療しなければなりません。

うつ病を放置して不眠症のみを治療しても、また不眠症を発症させてしまう危険性があります。

先にうつ病を治療することで不眠症の治療もスムーズに行う事ができるでしょう。

また、逆のことも言え、不眠症からうつ病へと発展した場合は、まずは不眠症を治療しなければなりません。

自分で原因が分かっている場合はすぐにでも治療をすすめるようにしましょう。放置すれば放置するほど治療の期間も長引いてしまいます。

精神疾患を患っている方の多くがセロトニンという成分を大きく不足している傾向があります。食生活やサプリメントからセロトニンを多く摂取することで少しずつうつ病、不眠症が改善していくこととなるでしょう。

生理学的原因

生理学的原因

生理学的原因とは海外旅行、出張による時差ボケ、日勤と夜勤の交代勤務により生活リズムの昼夜逆転などによって引き起こしてしまうケースの不眠症です。

生理学的原因は一般的には生活リズムや睡眠環境が代わることで引き起こしやすいのが特徴です。

人間というのは太陽が出ている明るい昼の時間帯に活動し、太陽が沈み暗い夜の時間帯に休むというのが一般的な生活リズムとなっています。

そのため夜勤など昼の時間帯に睡眠をとっている方は不眠症を引き起こさないようにそれなりの対策が必要となってきます。

また、睡眠環境が代わることで寝れないという方も多いでしょう。自宅の寝具であればゆっくり寝れるのに、ホテルなど出張先の場合は全く慣れないといったものもこの生理学的原因に含まれます。

その他にも温度や湿度で寝れないという場合や騒音が気になって眠れないという場合も生理学的原因に含まれています。

生理学的原因の対策

生理学的原因の対策としては睡眠環境を整える事が一番です。

先程夜勤の方はそれなりの対策が必要と記載しましたが、照明をおとしたり、カーテンを閉じて太陽の光を遮断したりして光のコントロールをするようにしましょう。

温度や湿度はエアコン等で設定し、耳栓をして騒音対策などを取ることで安心して眠りにつくことができます。

生理学的原因に心当たりがある方は今一度自分の睡眠環境を問題がないか確認してみると良いでしょう。

少しでも眠りに入りやすい睡眠環境に整える事でリラックス状態となり、不眠症の悩みを無くなることでしょう。

ルネスタ(睡眠薬)