睡眠薬を通販で格安購入

不眠症の症状には入眠障害、中途覚醒、早朝覚醒、熟眠障害の4タイプがあり、症状の違いや特徴、効果的な睡眠薬を紹介します。

睡眠薬

不眠症の症状

不眠症の症状、原因

不眠症の症状というのは4つのタイプに分かれています。それぞれで症状が異なっており、睡眠薬を使用するとなってもそれぞれの症状に合った睡眠薬を使用しなければなりません。

また、不眠症というのは1つの症状だけというわけではありません。複数の症状が重なって発症するといったケースも多いです。

まずは自分がどのタイプの症状なのか知ることが必要となってきます。

不眠症のそれぞれのタイプの症状と、それに効果的な睡眠薬を紹介します。

入眠障害

入眠障害というのは中々寝付く事が出来ず、眠りに入るまでに時間がかかってしまうといった症状の不眠症です。

健常者の場合は消灯してから30分以内であれば寝付くことが出来ると言われています。ですが、入眠障害の場合は30分以上かかってしまいます。

日本睡眠学会によると、2時間以上かかるのであれば入眠障害だと言われています。

ですが、実際は1時間も寝付けなければ辛いと訴える方が多く、一般的に入眠障害と言われている方は30分~1時間以上寝付けない事が多い方ばかりです。

この入眠障害の特徴としては精神的な問題だったり、不安、緊張が強く現れてしまった場合に起こりやすいと言われています。

寝付く時に考え事をしていたりすると脳が活性化され、眠りに入りにくい状態となります。

また、心配性の方だったり、不安が強いという方の場合は夕方から夜にかけて不安が強く現れてしまう傾向にあります。

そのため、寝付く時に考え事をしてしまうとネガティブな内容のものばかりになってしまうため、不安や恐怖といった感情が増加し、脳がさらに覚醒してしまいます。

そのせいで全く寝付けないという方も多いでしょう。

考え事をしないようにすれば寝付きが良くなるかもしれないですが、これはかなり難しい事です。

そのような場合は睡眠薬を使用して入眠障害を改善しましょう。

入眠障害に効く睡眠薬

入眠障害に効く睡眠薬というのは多くあります。服用して30分以内の間に眠気がやってくるものばかりです。

主に即効性が特徴の睡眠薬が入眠障害によく用いられています。入眠障害におすすめの睡眠薬を紹介します。

ルネスタ

ルネスタは現在販売されている睡眠薬の中で一番の人気を誇る睡眠薬ではないでしょうか。入眠障害で悩んでいる方にはとてもおすすめできる睡眠薬です。

即効性に長けており、服用して15分~30分程度で効果があらわれてきます。

1時間~1.5時間程度で血中濃度が最高値となりますので、その時間内に寝付く事ができるでしょう。

ルネスタを服用すると少しずつ眠くなり、気付いたらもう寝ているという事が多いです。

自然に近い状態で眠りにつくことが可能となりますので、翌朝の眠気が少ない状態となります。

これほど高い効果を持ち合わせていながら副作用、依存性、離脱症状といったものはかなり少なくなっています。

また、アモバンに似ている効果となっており、アモバンの特徴であった苦味を抑えてくれています。

そのため、アモバンを好きで愛用していた方ならルネスタはとても合う睡眠薬かと思います。

ルネスタの詳細はこちら

ルネスタの通販はこちら

ソナタジェネリック

ソナタジェネリックは抗うつ剤で使用されることもありますが、睡眠薬としてはとても効果の高い薬です。

ルネスタ同様で即効性に長けており、服用してから30分程度で効果があらわれてきます。

血中濃度も1時間程度で最高値に達しますのでその時間内に寝付く事ができるでしょう。

ソナタジェネリックも半減期は短くなっているため、翌朝に眠気が残っているといった状態にはなりません。ふらつきもなく、スッキリ目覚めることができます。

ソナタジェネリックの詳細はこちら

ソナタジェネリックの通販はこちら

アモバン

アモバンは入眠障害にとっては効果の高い薬でした。ですが、現在では向精神薬と指定されたため、ルネスタやソナタジェネリックとは違い、購入することはできません。

アモバンは服用してから20分程度で効果を発揮するほどの即効性をもっていました。

半減期も少ないことから翌日も眠気が続くことなく、スッキリ目覚める事の出来る睡眠薬です。

また、何日も服用しなければ効果が出ないというわけではなく、服用したその日からすぐに効果を発揮させることの出来た睡眠薬です。

とても効果の高いアモバンですが、服用時の苦味が1つの難点でした。

ルネスタはアモバンの苦味を抑えて同じような効果を持っていますので、入眠障害にアモバンを使用していた方はルネスタをおすすめします。

アモバンの詳細はこちら

ハルシオン

入眠障害にとても効果の高い睡眠薬として、昔から名が挙がるのがハルシオンという睡眠薬です。

ハルシオンはアモバンと同じく、向精神薬に指定されたため、現在購入することはできません。病院では処方されますが、制限があります。

ハルシオンは服用してから15分~30分程度で効果を発揮するほどの即効性をもっています。

血中濃度が最高値に達するのは約1時間程度です。その時間内であれば自然に寝付く事ができます。

ハルシオンは昔からある薬で、効き目はかなり良く利用する方も大勢いました。

ですが効果も強い分、副作用、依存性、離脱症状もかなり強く、問題視されていたため向精神薬に指定されて購入禁止となったのです。

ハルシオンの詳細はこちら

まとめ

入眠障害に一番おすすめ出来る睡眠薬としたらルネスタです。効果も高く、副作用、依存性、離脱症状が少ないので誰でも安心して服用することの出来る睡眠薬です。

病院で処方されることも多く信用の高い薬と言えるでしょう。今では通販でルネスタを購入することも出来ますので、病院へ行くのが面倒だという方は通販を利用してルネスタを購入するのも良いかもしれません。

中途覚醒

中途覚醒というのは眠りに入っている途中で何度も目が覚めてしまう症状の不眠症です。

一般的には1晩で2回以上目が覚める事があると中途覚醒と言われています。

中途覚醒は一定のタイミングで発生することが多く、眠りに入ってから3時間後か4時間半後です。

これは睡眠のサイクルが関係しています。睡眠のサイクルというのは眠りの深いノンレム睡眠と眠りの浅いレム睡眠が繰り返しています。

一般的な人の眠りというのは90分周期で浅いレム睡眠になるので、それに合わせて目が覚めてしまいやすいのです。

ただし皆が皆90分周期ではなく、100分周期の方や80分周期の方もいます。

この中途覚醒は年齢を重ねる事で発症するリスクも増えてきています。

特に60歳以上の高齢者の方は睡眠のサイクルが不安定になる傾向があるため、中途覚醒が起こりやすい状態となっています。

また、日勤と夜勤の交代勤務の方など、生活リズムが安定していない場合は起こりやすい状態になります。

中途覚醒に効く睡眠薬

中途覚醒を発症させないようにするにはできるだけ効果の持続時間が長い睡眠薬を使用すると良いでしょう。

効果の持続時間が長い睡眠薬というのは中間作用型と長時間作用型の睡眠薬となっています。

サイレース

サイレースという薬は中間作用型の睡眠薬となっています。

半減期は7時間程度となっており、中間作用型の中では少し短めとなっています。

ですが、一般的に7時間も効果が続くのであれば十分な睡眠を得られるのではないかと思われます。

サイレースは持続力だけではなく、即効性もあります。服用して1時間~1.6時間程度で血中濃度が最高値に達します。

そのため中途覚醒だけではなく、入眠障害、早朝覚醒にも効果を発揮する事のできる汎用性の高い睡眠薬です。

その他にも抗不安作用もあるので、不安が原因で不眠症を起こしてしまうという方にとってはとてもありがたい睡眠薬と言えるでしょう。

ですが、サイレースは現在向精神薬と指定されており、通販でも購入できない状態となっています。病院での処方を望めば入手することはできますが、処方制限もありますので注意しましょう。

ドラール

ドラールは長時間作用型の睡眠薬となっています。半減期はかなり長く、37時間程度となっています。

長時間作用型となっているので即効性は全くありません。服用してから1時間以内に効果はあらわれてきますが、血中濃度が最大に達するのは3.6時間程度かかります。

そのため入眠障害には一切効果がないと思っていても良いでしょう。ただし、中途覚醒の場合はドラールの作用時間内なのでとても効果を発揮します。

半減期が37時間程度とかなり長くなっているので翌日でも少し眠気が残ってしまいます。ですが、副作用がかなり少なく依存性も少ないのがこのドラールの特徴と言えるでしょう。

まとめ

中途覚醒の場合は入眠障害と違って作用時間の長い睡眠薬が主に用いられます。長時間作用型の場合は翌日に眠気が少し残ってしまう可能性がありますので不安な方は中間作用型の薬がおすすめです。

早朝覚醒

早朝覚醒というのはもっと眠っていたいのに朝早い時間帯に勝手に目が覚めてしまう症状の不眠症です。

早朝覚醒が発症することで日中に何も支障が出ないのであれば良いですが、何らかの問題が発生してしまった場合はすぐに対処が必要となってきます。

一般的に早朝覚醒と言われる症状は以前よりも2時間以上早く目が覚めてしまうというものです。そのあとは寝れなくなってしまうのが特徴です。

早朝覚醒は中途覚醒と同じで年齢を重ねる毎に発症してしまうリスクは高くなっていきます。

この早朝覚醒は女性よりも男性の方が発症しやすいということが分かっています。

また、早朝覚醒はうつ病と関係しており、うつ病の初期状態として早朝覚醒が発症するケースもあるようです。

早朝覚醒に効く睡眠薬

早朝覚醒に効く睡眠薬というのは基本的には中途覚醒と同じものになります。

そのため、中途覚醒にとても効果的であった中間作用型のサイレースや長時間作用型のドラールなどが人気です。

入眠障害に効果的であった薬は早朝覚醒にはほとんど意味がないといっても良いでしょう。

熟眠障害

熟眠障害というのは十分に睡眠時間をとったはずになのに満足出来ていない状態の不眠症です。

熟睡感というのは眠りの深いノンレム睡眠の量と関係されています。そこから考えると、睡眠時間が多くてもノンレム睡眠の量が少ないとなると十分な熟睡感を得ることができなくなってしまうのです。

熟眠障害が起きる原因としてはストレスやメラトニンの減少です。ストレスが過度になってしまうと脳が興奮状態となってしまうため睡眠の質が一気に下がります。

そこで自律神経が乱れてしまい、熟睡しにくくなるのです。

メラトニンは深い眠りに導いてくれる効果があります。そのためメラトニンが減少してしまうと深い眠りに達する事なく目覚めてしまいます。

メラトニンは歳を重ねる毎に減少されていくため、熟眠障害は中途覚醒や早朝覚醒と同じように歳を重ねることで起きやすい不眠症とされています。

熟眠障害に効く睡眠薬

熟眠障害はメラトニンを分泌させる事で改善されることもあります。方法としては日中に光を浴びたり、睡眠サプリを使用しましょう。

メラトニンタイムリリース

メラトニンタイムリリースというのは睡眠薬ではなく、睡眠サプリとなります。そのため、副作用が一切なく安心して服用することができます。

メラトニンタイムリリースはメラトニンを5mg含んでいるためメラトニン減少を抑えてくれます。

そのため睡眠薬とは違い少し時間がかかるとは思いますが、徐々に質の良い睡眠に向けて手助けしてくれます。

メラトニンタイムリリースの通販はこちら

ルネスタ(睡眠薬)