睡眠薬を通販で格安購入

睡眠薬は種類が多く、現在では非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬が一般的です。睡眠薬の種類、効果、副作用、通販を紹介します。

平成28年9月14日に厚生労働省の法改正があり、エチゾラムを含むデパス、エチラームとゾピクロンを含むアモバンが向精神薬とされました。その為、取り寄せが禁止となり、個人輸入では購入出来なくなってしまいました。デパス、エチラーム、アモバンを利用していた方にお勧めお睡眠薬をご紹介します。

睡眠薬

睡眠薬の種類

睡眠薬の種類

睡眠薬というのは色々な種類があり、自分の症状に合った薬を使用しなければなりません。薬によって作用時間やどのような効果を発揮するのかは異なってきますので、自分の症状に合ったく睡眠薬を使用しないと一切効果が出ないという事になるかもしれません。

非ベンゾジアゼピン系
ベンゾジアゼピン系
バルビツール酸系
メラトニン受容体作動薬
オレキシン受容体拮抗薬

上記の5種類が一般的な睡眠薬の種類とされています。それぞれを説明していこうと思います。

非ベンゾジアゼピン系

非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬というのは今では一般的に使用されている睡眠薬です。ベンゾジアゼピン系を改良した睡眠薬となっており、1980年頃から使用される機会が多くなりました。非ベンゾジアゼピン系は効果が強く、副作用が少ないのが特徴です。現在通販などで販売されている睡眠薬の大半がこの非ベンゾジアゼピン系に分類されます。

ベンゾジアゼピン系のどこを改良したのかと説明すると、ベンゾジアゼピン系の睡眠薬というのはとても睡眠効果が強い他に、筋弛緩作用と呼ばれる筋肉を緩める作用もありました。そのせいでベンゾジアゼピン系の睡眠薬を服用するとふらつき、転倒などが生じてしまう事がありました。特に高齢者の場合はとても危険とされており、転倒の際に骨折が起きて寝たきりになってしまうといったこともありました。

非ベンゾジアゼピン系というのはこの筋弛緩作用をかなり減らした薬となっています。そのため、効果はベンゾジアゼピン系と同じくらい強いですが、副作用は比にならないくらい少なくなっています。ベンゾジアゼピン系の睡眠薬よりもかなり安全性が高いため、病院でも処方される機会がかなり多いです。

ベンゾジアゼピン系の睡眠薬よりも非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬の方が依存性が少ないと言えます。ただし、非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬というのは作用時間がとても短い睡眠薬しかありません。現在通販で販売されている睡眠薬というのは全て超短時間作用型の睡眠薬です。そのため、主に入眠障害に用いられ、中途覚醒や早朝覚醒などの睡眠中に起きてしまう症状には効かないと思っていても良いでしょう。

非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬で代表的な睡眠薬というのは下記のものになります。

ルネスタ

ルネスタ

ルネスタは非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬でアモバンを改良した超短時間作用型睡眠薬です。主成分はアモバンとは違いエスゾピクロンです。この成分は睡眠作用が強いのですが、副作用に味覚障害(苦み)というものがあります。しかし、ルネスタの場合はアモバン特有の苦味を改良してくれているため、苦味はかなり抑えられています。

ルネスタは服用してから10~15分程度で効果が表れはじめ約1時間ほどで血中濃度が最高値になり、効果が薄まるまでの半減期は5~6時間です。ルネスタは抗不安作用もありデパスの代わりの薬として高い評価を得ています。ルネスタのジェネリックはルネスタ・ジェネリック、ハイプナイトがあります。どちらもルネスタと同じ効果でかなり安く購入できるのでお得です。

ルネスタの詳細はこちら

ルネスタの通販はこちら

※リンク先はルネスタ・ジェネリックです。

ハイプナイト

ハイプナイト

ハイプナイトとはルネスタのジェネリックです。ルネスタと全く同じエスゾピクロンという成分が含まれているので効果、副作用は全て同じです。そのためアモバン特有の苦味なども抑えられており、飲みやすい仕様となっています。

ハイプナイトはルネスタと効果が全く同じであるため、服用後10分~15分程度で効果が表れ始めます。約1時間ほどで血中濃度が最高値になり、効果が薄まるまでの半減期は5時間~6時間です。ルネスタと全く同じ効果でかなり安く購入できるので多くの方から愛されている睡眠薬となっています。ハイプナイトは通販のみでしか購入することは出来ませんので、購入を考えている方は通販を利用するようにしましょう。

ハイプナイトの詳細はこちら

ハイプナイトの通販はこちら

バスパー

バスパー

バスパーはアザピロン系の非ベンゾジアゼピン系に分類されており、不安感や緊張感、焦燥感などの効果を発揮してくれる抗不安薬です。抗不安薬として以外にも睡眠薬として使用されることも多い薬となっています。

デパスが更新精神薬となってしまい購入不可能となった今、デパスの変わりとしてバスパーを服用しているという方も多いです。

バスパーの特徴としては副作用がかなり少なく、依存性も離脱症状もないので安心して服用できるという点です。

デパスの変わりとして服用していると説明しましたが、デパスと比べると効果はゆるやかに効いてきます。そのためもっと即効性が欲しいという方もいると思います。

バスパーは主に入眠障害に効果を発揮します。不安が押し寄せて寝れないという方ならバスパーを服用することで脳内の興奮が抑えられ、不安を和らげてくれるのでバスパーの服用はとてもおすすめです。

持続時間は12時間~24時間と長めですが、個人差もありますので体質によっては短めで終わったり、かなり長く続いてしまうといったこともあります。

バスパーの詳細はこちら

バスパーの通販はこちら

※リンク先はバスパー・ジェネリックです。

バスピン

バスピン

バスピンはバスパーのジェネリックです。そのためバスパーと成分、効果、副作用、服用方法など全て同じになっています。バスパーを服用しているという方ならバスピンに乗り換えたほうが値段が安いので経済的にもおすすめです。

バスピンはバスパーのジェネリックとなっているため元々は抗不安薬です。ですが、入眠障害にとても効果を発揮する睡眠薬としても使用されています。

副作用、依存症、離脱症状どれも少なく、安心して服用することが可能です。

バスピンはバスパーと比べると半額以下で購入することも出来る薬です。バスパーを服用するというのであればバスピンをおすすめします。

バスピンの通販はこちら

ソナタジェネリック

ソナタジェネリック

ソナタジェネリックはバスパーと同じく元々は抗不安薬です。ですが、超短時間作用型で即効性も高いため睡眠薬として多く使用されています。主にデパスの変わりとして使用されている方が多いです。

入眠障害にはとても高い効果を発揮します。服用してから約30分程度で効果が効き始め、半減期は3時間~5時間程度となっています。ここまで見るとデパスとほとんど変わりません。

ソナタジェネリックは抗不安薬としても睡眠薬としても効果の高いのです。薬価自体も安く、1錠約40円程度で販売されているのでとてもお得と言えます。

ソナタジェネリックの詳細はこちら

ソナタジェネリックの通販はこちら

アモバン

アモバン

非ベンゾジアゼピン系の超短時間作用型の睡眠薬です。ゾビクロンという成分を使用しており、不眠症を患ってる方で、床に就いても1~2時間以上、眠りにつく事が出来ないとされる、入眠障害の方が主に使用します。服用して大体10~15分で効果が現れ、効果がなくなるまでは3~4時間続きます。優れた睡眠薬ですが、難点が1点あります。それは副作用で味覚障害があり、それはアモバン特有の苦味があります。この苦味が苦手だからといってアモバンを服用したくないという方も多いです。

アモバンの詳細はこちら

マイスリー

ドリエル・ジェネリック

マイスリーは日本では2000年から発売されている非ベンゾジアゼピン系に分類される睡眠薬です。効果と副作用のバランスが良く精神科や心療内科ではもちろんんおこと、内科、整形外科、産婦人科などでも処方される機会がある睡眠薬となっています。日本では一番多く処方された睡眠薬とも言われています。マイスリーはハルシオンやアモバンと同じ超短期型となっています。1時間程度で血中濃度が最高値に達します。半減期は約1時間半~2時間半程度です。

マイスリーの詳細はこちら

ベンゾジアゼピン系

ベンゾジアゼピン系の睡眠薬というのは1960年頃から使用されるようになった睡眠薬です。ベンゾジアゼピン系が使用される以前に主に使用されていたバルビツール酸系の睡眠薬の危険性が指摘され、このベンゾジアゼピン系の睡眠薬が開発されるようになりました。そのため、バルビツール酸系の睡眠薬と比べるとベンゾジアゼピン系の睡眠薬はとても安全性の高い薬と言えるでしょう。ですが、非ベンゾジアゼピン系と比べると副作用が出やすい薬となっています。

ベンゾジアゼピン系の睡眠薬というのは効果も強く安全性も高いと言われていましたが、副作用が出ないとというわけではありませんでした。バルビツール酸系の睡眠薬と比べると重篤な副作用が発生する確率は低いというだけです。ただ、安全とは言っても依存性や離脱症状が強い特徴がありました。

主にベンゾジアゼピン系の睡眠薬として使用されていたデパスやハルシオンはこの依存性や離脱症状がよく指摘された事から、今では向精神薬に指定され購入が不可能となっているのです。現在でもベンゾジアゼピン系の睡眠薬の処方を望んでいる方は多く居ます。それも依存してしまっているためでしょう。

ベンゾジアゼピン系の睡眠薬で代表的な睡眠薬というのは下記のものになります。

ハルシオン

ハルシオン

ハルシオンはベンゾジアゼピン系に分類される睡眠薬の中では効果、即効性がともに一番強い薬となっています。効果が強い分副作用も強く起きてしまう薬となっています。ですが、誰もが発症するというわけではありません。確率としても大きいものではありません。ハルシオンは超短期作用型となっており、1時間程で血中濃度が最高値になります。効果が薄まるまでの半減期は3時間程度です。

ハルシオンの詳細はこちら

デパス

デパス

デパスは1984年に日本で製造、発売されてからずっと代表的な抗不安薬として第一選択薬として幅広く使用されてきました。神経症、うつ病、不眠障害にも効果的で、色々な不安障害を中心に、パニック障害、自律神経失調症、更年期障害の人にも処方されます。あらゆる症状に対応する事からデパスは万能薬とも呼ばれ、超短時間型として服用後も15~30分で早く効果を現してくれます。

デパスの詳細はこちら

エチラーム

エチラームはデパスのジェネリックです。デパスが向精神薬となり購入不可能となったためエチラームも同時に購入不可能となってしまいました。今では通販でも購入することは不可能です。

エチラームはデパスのジェネリックなので成分、効果、副作用、服用方法など全てデパスと同じとなっています。デパスと同じ服用後15分~30分程度で効果があらわれてくる即効性も引き継いでいます。

バルビツール酸系

バルビツール酸系の睡眠薬というのは最も古い睡眠薬とされており、1950年台から使用されるようになった睡眠薬です。睡眠効果がかなり強力な特徴をもっており、手術の際に麻酔として用いられることもあるほどでした。効果が強いということは、それなりに身体への負担も大きくなるということです。バルビツール酸系の睡眠薬というのは効果が強力な分、副作用も最も強い睡眠薬だったのです。

バルビツール酸系の睡眠薬で起こる重篤な副作用としては呼吸抑制、不整脈が良く報告されていました。呼吸抑制というのは睡眠時に呼吸が浅くなる、または止まってしまうといったものです。また、命に関わるような重篤な副作用も発症してしまうこともあり、安全性が高いとはいえない睡眠薬だったのです。

また、依存性もベンゾジアゼピン系よりも強く、長期間に渡って服用をしていたり、用量を多くしているとすぐに薬が効かなくなったり、薬がないと落ち着きがなくなったりという症状が出ていました。現在ではバルビツール酸系の睡眠薬というのは一切使われません。処方も推奨されないほどです。

どうしても眠ることが不可能とされる難治性の不眠に対してはバルビツール酸系の睡眠薬が使用されることがありますが、まず一般的な症状であれば用いられる事はありません。バルビツール酸系の睡眠薬ではないと治らないという症状ではない限りは目にすることはないでしょう。

バルビツール酸系の睡眠薬で代表的な睡眠薬というのは下記のものになります。

ベゲタミン
イソミタール
ラボナ

メラトニン受容体作動薬

人間には夜になるとメラトニンという物質が分泌されます。このメラトニンというのはとても睡眠に対して重要な物質となっており、メラトニンの分泌が始まり、メラトニン受容体に作用することで眠りへ導いてくれるのです。それほどメラトニンというのは睡眠と深い関係にあるのです。ならば、メラトニン受容体を人工的に刺激することで自然な眠りになるのではないでしょうか。

このような発想で生まれた薬がメラトニン受容体作動薬です。その名の通り、メラトニン受容体に刺激するための薬です。睡眠薬というのは基本的に薬の効果で強制的に眠りにつかせるものでしたが、メラトニン受容体作動薬というのはメラトニン受容体を刺激することで自然な眠りにつかせるというものです。そのため、安全性は睡眠薬よりも高く、副作用もかなり少ないです。

ですが、睡眠薬ほどの効果はないため、使用したところで一切効果がない、何も変わらないという方も存在します。あくまでも自然な眠気を後押しするための薬となっているので睡眠薬と同じ効果を期待して服用するのはやめておきましょう。

メラトニン受容体作動薬の代表的な薬は下記のものになります。

ロゼレム

メラトニンとは

オレキシン受容体拮抗薬

オレキシンというのは脳の覚醒にとても関係してくる物質です。オレキシンが不足すると脳派覚醒を維持することができなくなり眠気が襲ってきます。メラトニンとは逆の効果と言えるでしょうか。そのため、このオレキシンを不足させることによって脳の覚醒レベルを落とし、自然な眠りにつくことが出来るのです。

オレキシン受容体拮抗薬というのはこのオレキシンという物質の働きをブロックしてくれます。そのため、脳の覚醒レベルが落ちて眠りに導かれるのです。こちらも睡眠薬ではないので副作用も少なく、かなり安全な薬と言えます。

ですが、自然な眠りに導くため、睡眠薬のような強い効果はありません。メラトニン受容体作動薬と同じように使用しても一切効果がなかったり何も変わらないと感じてしまう方も存在します。また、オレキシン受容体拮抗薬の副作用として「悪夢を見る」という報告があります。

効果があるかないかに個人差があるのと一緒で副作用が発生する確率にも個人差がありますので、オレキシン受容体拮抗薬を使用する際は十分に注意してから使用するようにしましょう。

オレキシン受容体拮抗薬の代表的な薬は下記のものになります。

ベルソムラ

作用時間の分類

睡眠薬の通販以外の購入方法

作用時間の違いから睡眠薬は次の4つのタイプに分けられます。

超短時間作用型…3時間~4時間
短時間作用型……5~6時間
中間作用型……7~8時間
長時間作用型……9~10時間

それぞれ不眠症の症状によって向いている睡眠薬や向いていない睡眠薬というのがあるのです。不眠症には入眠障害、中途覚醒、早朝覚醒、熟眠障害の4つがあります。この4つの症状で用いられる睡眠薬というのは変わってきます。

入眠障害には超短時間作用型、短時間作用型の睡眠薬が良く使用されます。中途覚醒、早朝覚醒には中間作用型、長時間作用型の睡眠薬が良く使用されます。熟眠障害というのは睡眠薬はあまり使用されません。それは熟眠障害に睡眠薬はあまり効かないとされているからです。それぞれのタイプの薬を紹介していきます。

超短時間作用型

超短時間作用型は半減期が3時間~4時間で即効性がかなり高い睡眠薬です。超短時間作用型の主な薬としては
マイスリー
ハルシオン
アモバン
ルネスタ

などです。

即効性がとても高いため、入眠障害には高い効果を発揮します。逆に言えば中途覚醒と呼ばれる寝ている最中に起きてしまう不眠症には不向きと言えます。

また、軽度の不眠症の場合はこの超短時間作用型がおすすめです。服用してすぐに効果があらわれるほどの即効性なのでたまに寝付けない日があるという方は服用してみても良いでしょう。

短時間作用型

短時間作用型というのは半減期が5時間~6時間となっており、即効性の高い薬となっています。ですが、超短時間作用型ほどの即効性はありません。その分効果の持続時間は長くなっています。短時間作用型の主な薬としては
デパス
リスミー

などです。

超短時間作用型よりも遅いとはいえ確実に即効性はありますので、入眠障害にとても効果を発揮します。また、中途覚醒にはそれほど効果はありませんので注意してください。

中間作用型

中間作用型というのは半減期が7時間~8時間となっており、即効性はそれほど高くありません。中間作用型の主な薬としては
サイレース
ベンザリン

などです。

中間作用型の睡眠薬は即効性が低いため入眠障害には向いていません。中途覚醒や早朝覚醒といった不眠症に向いています。早朝覚醒というのは朝早くに目が覚めてしまい、寝たくても寝れないという症状です。中途覚醒や早朝覚醒で悩んでいる方は1度中間作用型を使用してみても良いかもしれません。

長時間作用型

長時間作用型というのは半減期が9時間~10時間ととても長めで即効性というのは皆無と思っていて良いでしょう。長時間作用型の主な薬というのは
ドラール
ソメリン

などです。

長時間作用型は中間作用型よりも効果の持続時間がかなり長いです。そのため、中間作用型でも症状を改善できなかった場合はこの長時間作用型を使用すると良いでしょう。入眠障害には全く効果はなく、中途覚醒、早朝覚醒に大きな効果を発揮します。

おすすめの睡眠サプリ

お勧めの睡眠薬

睡眠薬は副作用が怖いから使いたくないという方は睡眠サプリの使用がおすすめです。睡眠サプリの場合は副作用も全くなく安心して服用できます。ですが、その分効果もすぐに出るわけではなく、継続して飲み続けなければいけません。効果もしっかりあらわれるおすすめの睡眠サプリをご紹介します。

メラトニンタイムリリース

メラトニンタイムリリース

メラトニンタイムリリースはNatrol社という会社が開発販売されている睡眠サプリです。このメラトニンタイムリリースは飲み続けている事で室の良い睡眠に向かい、入眠パターンを取り戻してくれます。脳内のホルモンであるメラトニンが不足してしまうと不眠という症状が起こります。不眠を起こさないためにはこのメラトニンを上手く分泌させてあげる必要があります。

メラトニンタイムリリースはメラトニンが5mg、ビタミンB6が10mg廃道されています。服用することでメラトニンを分泌させ、体内時計のシステムをしっかり整えてくれる作用があります。また、睡眠薬ではなく睡眠サプリとなるため、継続的に飲み続けないといけませんが副作用は全くないので副作用を気になる方でも安心して服用できます。価格もかなり安く1錠単位にすると約13円~20円程度で購入できます。

通販でのみしか販売されていませんので購入をお考えの方は通販サイトを利用するようにしましょう。

メラトニンタイムリリースの詳細

メラトニンタイムリリースの通販はこちら

タガラ

タガラ

タガラはヒマラヤハーバルズというインドの会社が製造販売している睡眠サプリです。全て天然成分を使用しているため副作用は一切ありません。服用することでリラックス効果が生まれ、睡眠障害や不眠症といった症状を改善してくれます。リラックス効果により質の高い睡眠を得る事が出来るので不眠症を治すだけではなく、健康的な身体にもなります。

このタガラもメラトニンタイムリリース同様で睡眠薬ではなく睡眠サプリとなるので長期間継続した服用が必要です。睡眠薬の副作用が気になってしまうという方は全て天然成分で出来たタガラを使用してみても良いのではないでしょうか。

タガラもかなり安く設定されており、1錠単位にすると24円~30円程度で購入することができます。通販のみでしか販売されていないので購入する場合は通販を利用するようにしましょう。

タガラの通販はこちら

睡眠薬の効果

睡眠薬の効果

睡眠薬は睡眠導入剤という呼び方も存在します。といっても厳密に説明すると睡眠薬と睡眠導入剤は少し違いがあります。睡眠薬は基本的に「眠らせる力を持つ薬」となり、睡眠導入剤は「特に入眠させる力が強い薬」となります。

不眠症の症状の中でも一番多いとされる入眠障害に効果的なのが睡眠導入剤となりますね。ですが、どちらも不眠症への効果というのはとても強いです。医師によって全て睡眠薬、睡眠導入剤という方もいれば、入眠障害に用いる薬のみ睡眠導入剤と呼ぶ方もいます。

それほど明確なラインというのは決まってないようですね。睡眠薬は効果の範囲、副作用の出方などそれぞれ度合いが異なってきます。睡眠薬の種類ごとに効果の説明をしていきます。

非ベンゾジアゼピン系

現在睡眠薬で主流となっているのがこの非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬です。ですが、効果はどれほどなのでしょうか。非ベンゾジアゼピン系というのはベンゾジアゼピン系の副作用を更に軽減させるために開発された睡眠薬です。

そのため、効果としてはベンゾジアゼピン系と同じと言っても過言ではありません。不眠症で悩まされている多くの方が非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬を服用することで効果を実感出来るでしょう。また、非ベンゾジアゼピン系特徴は即効性です。

超短時間作用型の睡眠薬が多く、入眠障害にはまずこの非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬が用いられます。

ベンゾジアゼピン系

ベンゾジアゼピン系の睡眠薬は脳内を抑制する神経伝達物質である「GABA」を増強させ、自然な眠りを促してくれる効果がある薬です。非ベンゾジアゼピン系の前はこのベンゾジアゼピン系が主流となっていました。ですが、依存性の高い薬が多く存在し、ほとんどが向精神薬と指定されてしまったため、現在ではあまり使用されていません。

病院では処方される機会はありますが、通販で購入はできません。催眠作用というのはとても高く、不眠症で悩んでいる方は効果をすぐに実感できるでしょう。また、安全性も高く非ベンゾジアゼピン系が登場する前はとても人気の絶えない睡眠薬でした。

ですが、安全性が高いといっても副作用が出ないというわけではありません。先程も説明した通り、依存性や離脱症状がとても高い薬も存在したのです。代表的な睡眠薬で言えばデパスやハルシオンです。この2つの薬はベンゾジアゼピン系の中でも効果が高いとされていたのですが、その分依存性も高かったため、現在では向精神薬と指定され病院のみの処方となっています。

バルビツール酸系

バルビツール酸系の睡眠薬は睡眠薬の中でも一番効果の高い部類に入ります。脳に直接作用し、睡眠を促す効果があるのです。バルビツール酸系の睡眠薬というのは効果がかなり強力なんですが、比例して副作用もかなり強く出てしまう睡眠薬です。

ベンゾジアゼピン系や非ベンゾジアゼピン系とは比べ物にならないくらいの効果なため、現在ではまず入手することは出来ません。通販で販売もされていなければ、病院で処方するのもかなり厳しいです。

基本的にはバルビツール酸系の睡眠薬ではないと症状を治す事が出来ないと判断された場合のみ用いられます。それ以外の場合はまず使用されないと思っておいて良いでしょう。

メラトニン受容体作動薬

メラトニン受容体作動薬というのはメラトニン受容体を人工的に刺激することで自然な眠りへ導くといった睡眠薬です。ですが、これは非ベンゾジアゼピン系やベンゾジアゼピン系、バルビツール酸系の睡眠薬と比べるととても効果の低い薬と言えます。

それもメラトニン受容体を刺激するだけなので、薬直接の効果で眠らせるものではありません。メラトニンが原因で不眠症にということであれば、効果を実感することの出来る薬ですが、それ以外であればまず効果を実感することは出来ない睡眠薬と言えるでしょう。

オレキシン受容体拮抗薬

オレキシン受容体拮抗薬というのは脳の覚醒レベルを落とす事で自然な眠りへ導く効果のある睡眠薬です。オレキシンは分泌が多くなることで脳が覚醒してしまいます。

そのため、このオレキシン受容体拮抗薬を使用することで脳の覚醒レベルが落ち、自然な眠りにつくことが出来ます。メラトニン受容体作動薬と同じようにオレキシン受容体拮抗薬も睡眠薬と比べるとそれほど効果を実感出来る睡眠薬ではありません。

副作用などはほとんどないとされていますが、効果としてはそれほど期待出来るものではないでしょう。

まとめ

睡眠薬の効果の強さ順としては

バルビツール酸系 > 非ベンゾジアゼピン系 ≒ ベンゾジアゼピン系 > メラトニン受容体作動薬 ≒ オレキシン受容体拮抗薬

といった感じです。ですが個人差もあり、体質的にこの順ではないという方も存在します。現在通販で購入できる睡眠薬の中では非ベンゾジアゼピン系が一番効果が強いとされているので、効果の強い睡眠薬が欲しいという方は非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬を使用するようにしましょう。

睡眠薬の副作用

睡眠薬の副作用というのは種類によってそれぞれ異なってきます。症状の重さや発生率など様々です。特にバルビツール酸系の睡眠薬は脳に直接作用し、とても大きな副作用が発生する危険性があるとされています。

また、耐性と呼ばれる薬が身体に慣れてしまい、どんどん薬の用量を増やさなければ効果がなくなってしまうといった副作用があります。こちらも睡眠薬の種類によって様々となってきますので、しっかり頭に入れておくようにしましょう。

非ベンゾジアゼピン系

非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬というのは睡眠薬の効果でも説明しましたが、ベンゾジアゼピン系の副作用をかなり軽くするために開発された薬です。そんとあめ、ベンゾジアゼピン系の睡眠薬と比べると副作用の発生率というのはとても少ないと言えます。

ただし、超短時間作用型の睡眠薬となって早く作用してしまうため、中途半端な区政状態となり、健忘といった副作用が発生してしまう危険性があります。また、翌朝まで眠気を持ち越してしまうhung overと呼ばれる副作用が発生してしまうこともありますので注意しましょう。

非ベンゾジアゼピン系の報告されている副作用としては下記の症状になります。

・健忘
・眠気の持ち越し
・集中力の低下
・めまい
・ふらつき

ベンゾジアゼピン系

ベンゾジアゼピン系の睡眠薬は非ベンゾジアゼピン系と効果としてはとても似ている部分がありますが、副作用や耐性といった部分で大きな差があります。バルビツール酸系の睡眠薬を主流としていた頃から比べるととても安全性の高い睡眠薬となっていましたが、現在ではデパスやハルシオンといった向精神薬に指定された薬ばかりとなっており、非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬と比べると発生率は高いと言えるでしょう。

また、ベンゾジアゼピン系の睡眠薬というのは耐性や依存性がとても問題視されてきました。それが原因となり向精神薬に指定されたのです。ベンゾジアゼピン系で主に報告されている副作用としては下記の症状になります。

・めまい
・眠気
・だるさ
・軽度な頭痛

バルビツール酸系

バルビツール酸系の睡眠薬というのは効果が睡眠薬の中では一番協力な分、副作用も一番強く出やすい睡眠薬となっています。バルビツール酸系の睡眠薬を服用することで薬が脳に作用します。耐性もついてしまいだんだん薬の用量が増えることによって臓器へのダメージも大きくなり、徐々に蓄積されていきます。

バルビツール酸系の睡眠薬の副作用は死に繋がるケースも存在します。大量摂取による中毒症状、また昏睡状態に陥り、血圧の低下により肺浮腫や呼吸麻痺により死亡するといったことにも繋がります。このような危険性が多く存在するため、バルビツール酸系の睡眠薬は現在ではほとんど使用されていないのです。

バルビツール酸系の睡眠薬として主に報告がある副作用は下記の症状になります。

・呼吸停止
・耐性
・吐き気
・呼吸困難

メラトニン受容体作動薬

メラトニン受容体作動薬はほとんど副作用が少ないといっても過言ではないでしょう。それも睡眠薬ほどの効果がないためです。そこまで強い効果はありませんので、その分副作用のリスクというのもかなり少ないと言えます。

ただし、絶対に副作用が発生しないというわけでもありません。どんな薬でも効果がある分、副作用も存在します。体質によって副作用の出やすい出にくいがありますので、絶対に副作用が出ないから大丈夫と言って用量を多く服用するなんてことはしないようにしてください。

メラトニン受容体作動薬で主に報告されている副作用は下記の症状になります。

・翌日に持ち越す眠気

オレキシン受容体拮抗薬

オレキシン受容体拮抗薬はメラトニン受容体作動薬と同じで副作用のとても少ない薬とされています。ですが、効果も睡眠薬と比べるとそれほど高くはありません。

一般的な睡眠薬のようにGABAの作用するわけではありませんので、筋弛緩作用などもなく、高齢者の方でも使いやすいとされております。だからといって一切ないというわけでもありませんので注意してください。

オレキシン受容体拮抗薬で主に報告されている副作用は下記の症状になります。

・睡眠時麻痺(金縛り)
・悪夢

まとめ

睡眠薬は種類毎にそれぞれ発生しやすい副作用というのが異なってきます。副作用のリスクが少ない順番としては

メラトニン受容体作動薬 ≒ オレキシン受容体拮抗薬 > 非ベンゾジアゼピン系 > ベンゾジアゼピン系 > バルビツール酸系

と言った感じです。メラトニン受容体作動薬とオレキシン受容体拮抗薬は効果はそれほど期待できませんが、副作用もないので安心して服用することが可能ですね。非ベンゾジアゼピン系が現在では睡眠薬の主流となっているので、睡眠薬を服用したいという方は睡眠薬の中でも比較的副作用の少ない非ベンゾジアゼピン系をおすすめします。

睡眠薬の通販

睡眠薬の通販

睡眠薬の購入だけが目的なら通販で購入する方がいいでしょう。費用の面ではかなり抑える事ができますし、そして通院をしなくて入手できるので、時間のない人は通販を利用するのがいいでしょう。睡眠薬の種類など、効果、効能など分からないという人は通販の口コミや体験談、また通販サイトで詳しくお薬の詳細について書いてありますので、その辺を参考にしたりしましょう。病院や専門クリニックでは、処方してくれない睡眠薬も通販では購入する事が可能です。

通販を利用するのは不安だったりするかも知れないですが、そういった方は通販のサポートセンターに問い合わせをしましょう。もちろん日本語で問い合わせてみて大丈夫です。注文から購入の仕方まで迅速、丁寧にアドバイスをしてくれます。ただ、中には悪質な通販サイトもあるので、初めて利用するサイトの場合はサポート問い合わせを利用するようにしましょう。悪質なサイトは大抵、電話でのサポートは受け付けていなかったりしているので、そういったポイントを抑えておきましょう。

それに、価格が他のサイトと比べて安すぎたりしているサイトで購入する場合も気をつけましょう。そして、お支払い方法にクレジット決済がないサイトでも、購入はしない方が良いでしょう。クレジット決済できる会社はある程度、信頼を得ている会社なのでここもポイントとなります。通販はとても便利ですが、安いからという理由だけで安易に購入しないようにしましょう。先ほど書いたポイントを抑えたサイトで購入するようにしましょう。

睡眠薬の通販の危険性

睡眠薬の通販の危険性

今では多くの睡眠薬が通販で購入出来るようになりました。通販は便利ですが、同時に危険も伴います。ルネスタやハイプナイトなど日本では購入することのできない薬が買える通販ですが、中には偽造品も混じっている可能性があります。現在では睡眠薬の多くの偽造品が出回っているようで注意しなければなりません。

見た目では全く違いが分からず、成分は全く違うものが入っている可能性がありますので服用してしまうと危険な副作用を招いてしまうこともあります。

今では向精神薬となり通販でさえも購入することができないハルシオン、デパス、アモバン、マイスリーが購入出来る通販サイトは注意しなければなりません。このように管理が甘い通販サイトは正規品を販売しているのかどうかも怪しいです。

そのため、通販を利用し睡眠薬を購入する場合はしっかりと安全性のある通販サイトから購入するようにしましょう。おすすめの通販サイトはこちらです。

おすすめの通販サイトはこちら

睡眠薬の通販以外の購入方法

睡眠薬の購入方法ですが、通販以外にも病院での処方と薬局での購入もあります。なるべくお金を掛けたくないという人なら通販で購入する事をお勧めします。まとめて購入する事で更なる割引をする事ができるので、経済的に済ませたいのでしたら通販を利用するのが一番いいでしょう。

睡眠薬を薬局で購入

睡眠薬を薬局で購入

不眠症に悩まされている人は多くいると思いますが、病院で診察してもらおうと思っても何科を受診すればいいか分からない、また通院する時間がなかなか取れないなどと言った理由で多くの人が不眠症のままにストレスを抱え、生活している人は多いかと思われます。

そんな時に薬局やドラッグストアで睡眠薬は無いかななどと思った人はいるかと思います。薬局で買える睡眠薬はあります。正しく言えば睡眠導入剤、睡眠改善薬です。睡眠薬とは成分が全く異なったものです。薬局で買える睡眠改善薬で一番有名なのがドリエルです。そして、オネディも有名です。通常の睡眠薬のルネスタやアモバンは脳内の神経伝達物質(ドーパミン、ノルアドレナリン、セロトニン)の活動を抑える事で眠気を促しします。

薬局で買えるドリエルなどの睡眠改善薬も脳内物質を抑える作用を持っていますが、しかし、それはドーパミンやノルアドレナリンではなく、「ヒスタミン」という物質です。

ヒスタミンは脳を覚醒させる作用があります。その作用により眠気がもたらされるのです。抗アレルギー作用を持つ薬を飲んだ時に眠気を感じた事のある人は少なくないと思います。しかし、睡眠改善薬は短期間の不眠症向けの薬です。1週間以上続く不眠症に対しては対応していないために不眠症で悩む人は病院で処方されるルネスタ、アモバンのような睡眠薬を購入するようにしましょう。ルネスタは通販でも購入する事ができます。不眠症を確実に治療をしたい場合、ドリエルなどの市販薬では治療はできないという事です。

睡眠薬の病院処方

睡眠薬を病院で処方してもらうには以下のような場所へ行く必要があります。
・睡眠外来
・心療内科
・精神科
・内科
正しく不眠症について知識を知りたい、睡眠の質そのものを上げたいという人は専門家でもある、睡眠外来を受診するのがいいでしょう。また睡眠薬は総合病院のような大きな場所でも処方してはもらえます。内科を受診すれば処方してもらえますが、あなたの目当ての睡眠薬を処方してもらえない可能性がありますので、どうせ受診するのでしたら、睡眠の専門のクリニックや、心療内科、精神科を受診がお勧めです。質の高い睡眠について専門家から詳しく意見を聞くようにしましょう。ただし、費用についてはそれなりに高くかかるので、注意が必要です。カウンセリングについては保険適用外のケースが多いので、受診する前に事前に費用の事は聞いておくようにしましょう。

また、病院での処方は通院をしないといけないというデメリットがあります。仕事をしている人にとっては通院する時間をなかなか工面する事は難しいものです。しかし、通販での購入となると24時間、いつでも注文できるので、病院での処方と比べるとかなり手間が省けます。しかも、通販ではジェネリック医薬品も購入できるので、費用を更に安くする事ができます。

ルネスタ(睡眠薬)